@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

そも

精選版 日本国語大辞典

そ‐も
(代名詞「そ(其)」に係助詞「も」の付いたもの)
[1] 〘連語〙 (前の語句を受けて) それも。
※蜻蛉(974頃)中「簾おろしつべく覚ゆる、そも現し心もなきなるべし」
※徒然草(1331頃)三〇「思ひ出でてしのぶ人あらんほどこそあらめ、そもまたほどなくうせて」
[2] 〘接続〙 (抑) 改めて事柄を説き起こし、問題として示す。疑問の言い方をとることが多い。そもそも。一体。さて。それにしても。それはそうと。
※源氏(1001‐14頃)帚木「をりふしのいらへ、心えて、うちしなどばかりは、随分によろしきも多かりと見給ふれど、そも、まことに、その方を取り出でん選びに、かならず漏るまじきはいと難しや」
※読本・南総里見八犬伝(1814‐42)七「御辺(ごへん)は乍麽(ソモ)何処の人ぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そも」の用語解説はコトバンクが提供しています。

そもの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation