@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

そら【ソラ】

デジタル大辞泉

そら[感]
[感]注意を促すときなどに発する語。それ。「そら行くぞ」「そら見ろ」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そら[副助]
[副助]副助詞「すら」の音変化。
「下品(げぼん)の人―、この太子の形、有様を見ては近づかじ」〈今昔・三・一五〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そら[連語]
[連語]それは」の音変化。くだけた会話に用いられる。「そらそうだ」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

そら
長野県上水内郡信濃町にある一茶記念館の初代ねこ館長。黒白柄のオス

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

そら
〘感動〙 (「それは」の変化した語) それをさし示して、相手に注意を促すときのことば。
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉初「お猫サそらいつか大七からはしけて浜中やへ連出した芸サ」
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉二「そら四銭やるぞ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そら
〘副助〙 体言(あるいはそれに格助詞の付いたもの)や体言と同資格の語句を受け、程度のはなはだしい(軽重優劣いずれの方向にも)例をあげて他を類推させる。…さえ。すら。
※夜の寝覚(1045‐68頃)五「后の位そら、きはめたることと覚ゆべくもあらぬに」
[語誌]「すら」の転訛形で、意味・用法も「すら」に同じ。上代に多く見られる「すら」は中古の文献にはあまり見られなくなるが、院政鎌倉時代の「今昔物集」をはじめ、説話軍記物などには「そら」と形を変えて現われる。「そら」は中古でも口語脈で用いられていたが、室町時代には使われなくなる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そら
〘連語〙 「それ(其)は」の変化した語。
※暗夜行路(1921‐37)〈志賀直哉〉三「へえ、そら立派なややはんどす」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

そら」の用語解説はコトバンクが提供しています。

そらの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation