@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

たって【タッテ】

デジタル大辞泉

たって[接助]
[接助]《過去の助動詞「た」の終止形に接続助詞「とて」の付いた「たとて」の音変化》動詞・形容詞、一部の助動詞の連用形に付く。ガ・ナ・バ・マ行の五段活用動詞に付く場合は「だって」となる。逆接の仮定条件を表す。…ても。…たとしても。「笑われたってかまわない」「いくら捜したっているはずがない」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たって[連語]
[連語]《格助詞「と」と動詞「いう」の連用形に接続助詞「たって」の付いた「といったって」の音変化》名詞、活用語の終止形、動詞と一部の助動詞の命令形、一部の助詞に付く。上に促音の付いた「ったって」の形をとることが多い。ある事柄を認めるにしても、全面的にではないという気持ちを表す。…といっても。…としても。「登山たって、ハイキング程度さ」「来いったってすぐには行けない」「買うったって近くに店はないよ」
[補説]打ち解けた話し言葉で用いられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たって
(助動詞「た」に助詞「とて」の付いた「たとて」の変化した語) 接続助詞的に、くだけた話しことばとして用いる。上の語によって「だって」となることもある。
① 動詞または形容詞の連用形・音便形をうけ、「たとえ…ても」の意を表わす。
※洒落本・美地の蛎殻(1779)「あんな盃に一つ百(そく)や二そく呑んだって、いきつきそうな顔つきかへ」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一「うちなんかいくら大きくたって腹の足しになるもんか」
② 活用語の終止形または体言をうけ、「…と言っても」の意を表わす。
※真景累ケ淵(1869頃)〈三遊亭円朝〉二「何(ど)うも遠いからのう。なかなか尋ねるたって容易でない」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たって」の用語解説はコトバンクが提供しています。

たっての関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation