@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

たてがみ

日本大百科全書(ニッポニカ)

たてがみ
たてがみ / 鬣
mane

哺乳(ほにゅう)類の頭や頸(くび)、ときに背筋(すじ)にある長い毛の束の俗称。ツチオオカミの頸筋と背筋、タテガミオオカミの頸筋と肩にある長毛のように、立てられるものがある。有蹄(ゆうてい)類その他の大形種でたてがみが発達することが多く、奇蹄類ではウマ、ロバ、シマウマの頸筋、偶蹄類ではキリン、ヌー、セーブルアンテロープ、タテガミカモシカなどの頸筋、イボイノシシの頸筋と背筋、食肉類ではライオンの雄の頭頂から肩にかけての部分、シマハイエナの頸筋と背筋、齧歯(げっし)類ではタテガミヤマアラシの頸筋などにみられるが、原始的な類にはみられない。ほとんど雌雄に関係なく生えるが、ライオン、アカシカのように雄の成獣にだけ生え、二次性徴として役だつものがある。ツチオオカミは、敵に出会うとたてがみを逆立て、体を大きくみせて威嚇の効果を高める。またタテガミネズミは、背筋の長い毛を立て、基部の白い部分を露出させてヤマアラシに擬態し、敵の攻撃を避けるといわれる。

[今泉吉典]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

たてがみ
日本のポピュラー音楽は女性演歌歌手、長山洋子。1996年発売。作詞:鈴木紀代、作曲:影山時則。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

たてがみ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

たてがみの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation