@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【タ】

デジタル大辞泉

た[五十音]
五十音図タ行の第1音。歯茎の無声破裂子音[t]と母音[a]とからなる音節。[ta]
平仮名「た」は「太」の草体から。片仮名「タ」は「多」の初3画。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

た[助動]
[助動][たろ|○|た|た|たら|○]《助動詞「たり」の連体形「たる」の音変化》活用語の連用形に付く。連用形が撥音便、およびガ行がイ音便となる場合には連濁で「だ」となる。
動作・作用が過去に行われた意を表す。「昨日出張から帰ってき
「時きぬとふる里さして帰る雁(かり)こぞき道へまたむかふなり」〈為忠集〉
動作・作用の完了を表す。「原稿をやっと書いよ」
「先陣が橋を引いぞ、あやまちすなと、どよみけれども」〈平家・四〉
実現していない動作・状態を仮に実現したと考えていう意を表す。「話が出時点で考えよう」「今度会っとき話すよ」
動作・作用の結果が存続している意を表す。…ている。…てある。「割れガラス窓から風が吹き込む」
「アル犬肉(ししむら)ヲ含ンデ川ヲ渡ルニ、ソノ川ノ真ン中デ含ン肉ノ影ガ水ノ底ニ映ッヲ見レバ」〈天草本伊曽保・犬が肉を含んだ事〉
動作・存在の確認の意を表す。「あれ、君はそこにいの」「坊やは今年いくつだっ
命令の意を表す。「さあ、どんどん歩い、歩い
決意を表す。「もうやめ」「よし、その品買っ
(「…たらどうか」「…たらいかがでしょうか」などの形で)助言したり提案したり勧誘したりする場合に用いられる。「この件は継続審議ということにしたらいかがでしょうか」
[補説]4は連体形の用法。567は、終止形の文末における用法。仮定形「たら」は、多く「ば」を伴わないで「雨が降ったら中止だ」などと使われ、「遅いからもう帰ったら」のように文末に用いられて8の意を表す。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

た[係助]
[係助]係助詞「は」が直前の字音語の入声音(にっしょうおん)ツ・チと融合して音変化したもの。室町時代を中心に能・狂言・平曲などに行われたが、本文表記は「は」のままであることが多い。→[助詞]
「今日は(こんにった)瓜畑へ見廻うてようすを見うと存ずる」〈虎寛狂・瓜盗人

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

た[接頭]
[接頭]動詞・形容詞・副詞などに付いて、語調を整える。「ばかる」「やすい」「ゆらに」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

五十音図タ行第一段の仮名。歯茎破裂音の無声子音と後舌の広母音から成る音節。
平仮名「た」は「太」の草体。片仮名「タ」は「多」の末三画。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

助動 たろ ・ ○ ・た ・た ・たら ・ ○
古語の完了の助動詞たりの連体形たるからの転。中世以降の語
動詞・形容詞・形容動詞および助動詞「れる・られる」「せる・させる」「ない」「たい」「らしい」「そうだ(様態)」「ようだ」「だ」「ます」「です」などの連用形に接続する。ただし、サ行以外の五段活用の動詞には、その音便の形に付く。また、ガ・ナ・バ・マの各行の五段活用の動詞に付く時は「だ」となる。
動作・作用が過去の事柄であることを表す。 大昔、この辺一帯は海だっ 去年、北海道に移っ弟が、先月帰ってき
動作・作用が完了したことを表す。 やっと手紙を書き終えまし 飛行機は無事着陸し 日はすっかり沈ん
物事が実現することを表す。 何年ぶりかで当地方にも雪が降っ 一番になっ人には賞品をあげる シャボン玉が屋根までとん
物事や事態の確認を表す。 見ると、それは若いスマートな青年であっ 国境の長いトンネルを抜けると雪国であっ/雪国 康成
(連体形を用いて)動作・作用がすんで、その結果が状態として存在していることを表す。てある。ている。 壁にかけ 弟の写し写真 とがっ鉛筆 整っ身なり
(終止形を用いて)
強い決意・断言や軽い命令などを表す。承知しましわかっ、わかっ邪魔になるから、そこをどい
疑問・質問などをもちかけることを表す。今度の会合は何日でし上りの列車は何時だっ
仮定形「たら」は、接続助詞「ば」を伴わないで、それだけでも用いられる。
仮定条件を表す。仮にそうであるならば。もしそうなったらば。雨が降ったら、中止にする電話があったらメモしておいてくれその本を読んだら早く返してくれ
未来の確定条件を表す。春になったら暖かくなる
遠回しに命令する意を表す。主として女性が用いる。早くお帰りになったら後片付けだけはしといたら

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

入声音につしようおん[t]で終わる字音語を係助詞「は」が受けて連声を起こしたもの。能狂言などに多くみられるが、普通、表記面には表れない。 夫ならば、求めませうが、代物は=だいもっタいかほどで御座るぞ/狂言・粟田口 虎寛本 今日は=こんにっタ天気も能う御座るに依つて/狂言・雁礫 虎寛本

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

接頭
動詞・形容詞などに付いて、語調を整える。 -ばかる -やすい -ゆら

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

連語
格助詞に係助詞の付いたとはの転。たあと長音にもなる
とは。 そんな意地悪するなら、もうおまえ-遊ばないよ 雨が降る-思わなかったたあ連語

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


五十音図第4行第1段の仮名。平仮名の「た」は「太」の草体から、片仮名の「タ」は「多」の初めの3画からできたものである。万葉仮名では「多、他、丹、駄、當、(以上音仮名)、田、立(以上訓仮名)」などが清音に使われ、「太、陀、大、嚢、娜(以上音仮名)」などが濁音に使われた。ほかに草仮名としては「(多)」「(堂)」「(當)」などがある。
 音韻的には/ta/(濁音/da/)で、上歯茎と舌との間で調音する無声破裂音[t](有声破裂音[d])を子音にもつ。東北地方や高知県などでは、「又(また)[mada]」「未(ま)だ[manda]」のように、t→d、d→ndに発音することもある。[上野和昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ata-orgtag="meaning">〘名〙 「ため(為)」の古い語形か。「の」「が」を伴う句を受けて、それにかかわることを示す。…のため。多くは助詞「に」を伴って「たに」の形で用いる。
※続日本紀‐天平勝宝元年(749)四月一日・宣命「種種(くさぐさ)の法(のり)の中には、仏の大御言(おほみこと)し国家(みかど)護るが多(タ)には勝在(すぐれたり)と聞し召して」
※万葉(8C後)五・八〇八「龍の馬を吾は求めむあをによし奈良の都に来む人の多(タ)に」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

格助詞「と」に係助詞「は」の付いた「とは」の変化したもの。「たあ」と長音にも用いる。
※不如帰(1898‐99)〈徳富蘆花〉上「彼が坂東太郎た見えないだらう」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〘接頭〙 動詞・形容詞・副詞などの上に付けて、語調をととのえる。「た謀る」「た易い」など。
※書紀(720)応神二二年四月・歌謡「誰か 多佐例(タされ)(あら)ちし 吉備なる妹を 相見つるもの」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

係助詞「は」が、入声音(にっしょうおん) t で終わる字音語の下に来て連声を起こしたもの。能狂言に多く見られるが表記面にまでは現われない。
※虎寛本狂言末広がり(室町末‐近世初)「それならば求度う御ざるが代物は(だいもっタ)いかほどで御座る」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〘助動〙 (活用は「たろ(たら)・〇・た・た・たら・〇」。文語の助動詞「たり」の連体形「たる」の変化したもの。活用語の連用形に付く。イ音便の一部と撥音便に付く場合は、濁音「だ」となる) 過去あるいは完了の意を表わす。
① 動作・作用が過去の事柄であることを表わす。
※為忠集(鎌倉中か)「時きぬとふる里さしてかへる雁こぞ北みちへまたむかふなり」
※洒落本・廓中奇譚(1769)舩窓笑語「『あのきくのかんざしはどふしなさった』『あれはお京さんとはぎでらへいったときおとした』」
② 動作・作用がちょうど完了したこと、また、その結果が現在継続していることを表わす。
※平家(13C前)四「先陣が、橋をひいたぞ、あやまちすな。橋をひいたぞ、あやまちすなと、どよみけれ共」
※歌舞伎・姫蔵大黒柱(1695)一「俺が顔に此の中は面皰(にきび)が出来た」
③ 現在の事態についての強調や確認、また、未来の完了などを表わす。
※四河入海(17C前)二三「なせに、なれは、千歳、いきたも、只一夢なる、程にそ」
※歌舞伎・一心二河白道(1698)一「万一の事が有った時は、兵衛殿より怨を受くると云ふもの」
④ (終止形だけの用法)
(イ) 強い決意や断言を表わす。
※虎明本狂言・牛馬(室町末‐近世初)「『牛に子細があらはかたれ』『畏た』」
(ロ) 軽い命令を表わす。
※浄瑠璃・博多小女郎波枕(1718)下「急ぎの者じゃ増(まし)やらふ、サア駕籠(かご)やった」
⑤ (連体形だけの用法) ある状態が継続していることを表わす。連体修飾語となって、体言の状態・性質などを形容する場合に多く用いる。…ている。…てある。近世以前には、連体形以外にも。
※天草本伊曾保(1593)イソポの生涯の事「カノ、ツマノ、comoriirareta(コモリイラレタ) イエノ アタリエ イッテ」
※歌舞伎・業平河内通(1694)二「なんぞかわったみやげをと存まして」
⑥ (仮定形だけの用法) 接続助詞的に用いる。
(イ) 動作・作用の完了したときを仮定する。文語の仮定表現「たらば」を受けつぐもので、現代語では、「ば」を伴わないのが普通である。
※歌謡・閑吟集(1518)「いとほしいといふたら、かなはふず事か、明日は又讚岐へくだる人を」
(ロ) 過去の事実に反することがらを仮定する。
※天草本平家(1592)四「コノヤウニ アラウト xittaraba(シッタラバ) カネヒラヲ セタエ ヤルマジイ モノヲ」
(ハ) 過去においてある動作が完了したことを表わし、「…たところ」「…と」の意を表わす。文語の已然形「たれ」に助詞「ば」の付いた「たれば」が「たりゃ」を経て変化したものか。
※歌舞伎・幼稚子敵討(1753)口明「誰様じゃと思ふたら官様か」
(ニ) (終助詞的に用いる) 相手が言うことを聞かないために同じ言葉を繰り返し発して念を押すときに用いる。
※歌舞伎・小袖曾我薊色縫(十六夜清心)(1859)大詰「これさ、待ちねへと言ったら。ヲヲイヲヲイ親仁(おやじ)殿」
(ホ) (「…と言ったらない」を省略した言い方) あまり…するので驚いた、ということを表わす。→ったら
※美しい村(1933)〈堀辰雄〉序曲「山鶯だの、閑古鳥だのの元気よく囀ることといったら!」
[語誌](1)①の挙例「為忠集」は「来た」と「北」との掛詞とみられるが、さらに、「金葉‐連歌・六四〇」の「あづま人の声こそ北に聞こゆなれ〈永成〉 みちのくによりこしにやあるらん〈慶範〉」の「北」も方角を示す「北」と「来た」との、「こし」は「越」と「来し」との掛け詞と見られ、詞書の「ゐたりける所の北のかたに、声なまりたる人のものいひけるを聞きて」と合わせて考えると、都の「来し」に対して「来た」は「あずまことば」と見なされていたようである。「平家物語」では、武士のことばに多くみられる点なども、このことを裏書きしているといえよう。
(2)⑥について、(イ)(ロ)はタレバ→タリャの音転訛とみる説もあるが、文語の仮定表現を受け継ぐものと考えられる。一方、(ハ)は近世後期になって発達した用法で、確定表現のタレバからの音転訛とみられる。ただし、仮定の「たら」と意識の上で混同する場合もあったようで、確定表現でありながら「たらば」の形をとることがあるのは、その現われと言えよう。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

たの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation