@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

だけに【ダケニ】

デジタル大辞泉

だけ‐に
[連語]《副助詞「だけ」+格助詞「に」》
限定の意を強める。…に限って。「友だちだけに話す」
…であるから、なおのこと。「期待が大きかっただけに失望も大きかった」
…であるから、それにふさわしく。「りっぱな人物だけに多くの人から慕われている」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

だけに
連語
副助詞だけに格助詞の付いたもの
物事の状態がそれにふさわしいという気持ちを表す。 苦労した-人間ができている 大きい-人目につきやすい
それ相応の結果になるだろうという予測に反する結果が現れる場合に用いる。予期に反した分だけ、いっそうの意を表す。 予期していなかった-ショックは大きかった 話し方が穏やかな-、かえって威圧感がある

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だけ‐に
(副助詞「だけ」に格助詞「に」の付いたもの)
① その度合にふさわしくの意を表わす。
※談義本・教訓雑長持(1752)五「直段(ねだん)を聞ば、中は錆ても刀だけに、はっぱといふて、六拾四文にまけてくれぬ」
② そうであるからなおさらの意を表わす。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)二「けにも晴(はれ)にも一人の男だけに、あまやかして奉公にも出しませんから」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だけに」の用語解説はコトバンクが提供しています。

だけにの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation