@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

だしかぜ

日本大百科全書(ニッポニカ)

だしかぜ
だしかぜ / 出風

船を沖に向かって送り出すのに都合のよい風。単に「だし」ともいう。だしかぜの風向は場所によってまちまちである。たとえば、静岡県の興津(おきつ)地方では北風、山形県の庄内(しょうない)地方では東風、新潟県北蒲原(きたかんばら)郡では南東の風、富山県では南風が、それぞれの地域のだしかぜである。だしかぜが吹くときは海岸沿いの山腹にだし雲(白い乱層雲)がかかる。この雲が山にかかると、やがてだしかぜが吹き出し、気温は急昇温し、空気は乾燥する。すなわち、この風は一種のフェーンである。日本海側では「7日だし」などといわれ幾日も吹き続くことがある。このときは夜露も降りず、雑草は枯れ、虫害がおこり、人によっては頭痛を訴えることもある。

[根本順吉]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だしかぜ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

だしかぜの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation