@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

だって【ダッテ】

デジタル大辞泉

だって[接]
[接]《助詞「だって」の接続詞化したもの》相手に反論したり、相手の反対を予想しつつ理由や言い訳を述べる場合に用いる。そうはいっても。でも。なぜかというと。「とても間に合いません。だって人手が足りません」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だって[接助・係助・終助]
[接助]《接続助詞「たって」が、ガ・ナ・バ・マ行の五段活用動詞の連用形に付く場合の形》「たって」に同じ。「ここなら泳いだってかまわない」
[係助]《断定の助動詞「だ」に係助詞「とて」の付いた「だとて」の音変化という》名詞・副詞、一部の助詞に付く。「でも」に似るが、語調がより強い。
ある事柄を例示し、それが他と同類、または、同様であるという意を表す。…もやはり。…でも。「鯨だって人間の仲間だ」「ここからだって見える」
いくつかの事柄を並べて例示し、すべてが同類であるという意を表す。「水銀だってだって公害のもとだ」「野球だってテニスだってうまい」
疑問・不定を表す語、または、数量・程度を表す語に付いて、例外なくそうである意を表す。…でも。…も。「だれだって知っている」「一度だって姿を見せない」
[終助]《係助詞「だって」の文末用法から》引用句に付く。相手の言葉に対して、非難・驚きの気持ちを込めて強調する意を表す。「欲しいくせに、いらないだってさ」「なぜ休んだかだって病気だよ」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だって
[1] (助動詞「だ」に助詞「とて」の付いた「だとて」が変化したもの) 体言または体言に格助詞の付いたものをうけ、副助詞的に、くだけた話しことばとして用いる。…でも。
※洒落本・富賀川拝見(1782)山本屋の段「あの人だってそれ程の事の出来ねへ風でもねへさうだ」
※酒中日記(1902)〈国木田独歩〉五月六日「借金してだって、衣類(きもの)を質草に為(し)たって」
[2] 〘接続〙 ((一)の自立語化したもの)
① 相手のいう事柄などについて、不承知で反論する場合に用いる。そうはいっても。でも。だっても。
※人情本・春色恋廼染分解(1860‐65)五「『吾儕(わたし)の体を〈略〉金にして持って往(い)って、お懸合ひなはいな』『だって、まさか左様(さう)も行くめえぢゃアねえか』」
② 先行する事柄について、その理由や言いわけを補足する場合に用いる。なぜかというと。
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉二「だから僕(ぼか)ア議論して遣ったんだ。だって君、失敬ぢゃないか」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だって」の用語解説はコトバンクが提供しています。

だっての関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation