@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

だにも【ダニモ】

デジタル大辞泉

だに‐も
[連語]《副助詞「だに」+係助詞「も」》
取り上げた事柄が望みの最小限であることを強く示す。せめて…だけでも。
「三輪山を然(しか)も隠すか雲―心あらなも隠さふべしや」〈・一八〉
軽い事柄をあげてより重い他の事柄のあることを類推させる意を表す。…でさえも。
「年―十とて四つは経にけるをいくたび君をたのみ来ぬらむ」〈伊勢・一六〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だに‐も
(副助詞「だに」と係助詞「も」が重なったもの) 体言またはこれに準ずるもの、副詞などの連用語を受ける。→だに
① 期待される最小限の事柄を指示する。せめて…だけでも。
※書紀(720)斉明四年五月・歌謡「今城(いまき)なる 小山(をむれ)が上に 雲娜尼母(ダニモ)(しる)くし立たば 何か嘆かむ」
② 程度の甚だしい事柄を挙げて他を類推させる。…さえも。
※西大寺本金光明最勝王経平安初期点(830頃)一〇「仮使(たとひ)千万億劫の中にすとも、其の少分をダにも知ること得ること能はじ」
[補注]「だも」はこの「だにも」が音変化したものといわれ、訓点資料では、「だに」単独例よりも、「だにも」「だも」の形が多く見られる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だにも」の用語解説はコトバンクが提供しています。

だにもの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation