@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

だぼ鯊【ダボハゼ】

デジタル大辞泉

だぼ‐はぜ【だぼ×鯊】
小さいハゼ類を軽んじた呼び方。チチブドロメアゴハゼをさすことが多く、ごりどんこなどともいう。 夏》

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

だぼはぜ【だぼ鯊】
小形のハゼ類の俗称。関東・東海地方では、河口付近にすむチチブをさすことが多いが、ドロメ・アゴハゼ・ヨシノボリなどをいうこともある。地方により、ゴリまたはドンコとも呼ぶ。簡単にいくらでも釣れる下らない小魚というほどの意で、軽んじて呼ばれる。佃煮つくだににして食用とする。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

だぼ‐はぜ【だぼ鯊】
〘名〙 マハゼを除く小形のハゼ類の呼称。チチブ類をさすことが多い。釣りの方では何にでも食いつくいやしいものの代表のようにいわれるが、佃煮の原料として欠かせない。だぼうはぜ。だぼ。《季・夏》
※滑稽本・岡釣話(1819)「針をはずして、だぼはぜは川へほうりこむなり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だぼ鯊」の用語解説はコトバンクが提供しています。

だぼ鯊の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation