@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

だみ

精選版 日本国語大辞典

だみ
〘副助〙 未詳。ほど、ばかりの意か。一説に、以内、うち。
※万葉(8C後)一七・四〇一一「近くあらば いま二日太未(ダミ) 遠くあらば 七日のをちは 過ぎめやも」
[補注]語源的には、動詞「たむ(回)」の名詞形から変化したものであろうといわれる。そこから、あたり・周辺の意を表わして、時間的には「ばかり」の意となるという。また、「をち」が遠方の意から、以上の意を表わすのと対称的に、「たみ」から以内・内の意が生ずるとも説かれる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だみ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

だみの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation