@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

だもの

精選版 日本国語大辞典

だ‐もの
〘連語〙 (「だものを」の変化したもの) 理由を表わす。…だから。
(イ) 体言に直接付く場合。
※人情本・仮名文章娘節用(1831‐34)後「番人のねへ生巣(いけす)だもの、どんな人が釣(つる)かしれやアしねへ」
(ロ) 活用語の連体形に「の(ん)」を添えた形、または、動詞に直接付く場合。
※滑稽本・大千世界楽屋探(1817)中「モノ首桶が間に合ねへから積で置(おく)だもの。ごろっちゃら(〈注〉転倒)為て終ねへ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

だもの」の用語解説はコトバンクが提供しています。

だものの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation