@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ちょぼくれ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

ちょぼくれ
江戸時代に盛んであった門付芸 (かどづけげい) の一種。「ちょんがれ」と称して宝永年間 (1704~11) 頃大坂で行われ,のち江戸では「ちょぼくれ」の名で流行した。錫杖 (しゃくじょう) ,などを持って,早口唄や神おろしの文句を唱えて門口に立った。祭文 (さいもん) の読み口が早まったものという説もある。小さな木魚を用いる経文もじりのちょぼくれは,「阿呆陀羅経 (あほだらきょう) 」といわれる。邦楽に入って舞踊化されたものも多い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちょぼくれ
江戸時代の大道芸・門付け芸で、願人(がんにん)坊主などが錫杖(しゃくじょう)・鈴などを振りながら、祭文(さいもん)風の歌をうたって米をこうたもの。江戸でいい、大坂では「ちょんがれ」といった。ちょぼくれちょんがれ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちょぼくれ
江戸後期に盛んになった大道芸の一つ。また,そのなかでうたわれた俗謡のはやしことばをもいう。橋のたもとや,江戸の両国,上野などの広小路の大道で,手ぬぐいを〈吉原冠り〉にして小さい木魚をたたき,舞をまいながら早口でうたう大道芸である。また願人(がんにん)坊主らが錫杖(しやくじよう)や金錠などを振りながら拍子をとり,あるいは鈴などを持って,早口唄や神降し歌を唱えて,路傍や家々の門口に立って銭を請うたりした。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちょぼくれ
江戸時代の門付芸の一。小さな木魚をたたいて、世間の出来事などを節おもしろくうたうもの。また、その芸人。上方かみがたのちょんがれから出たもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

ちょぼくれ
ちょぼくれ
祭文(さいもん)の一種で江戸時代後期に流行した大衆芸能。「ちょんがれ」ともいう。詞章の前後に「ちょんがれちょんがれ」「ちょぼくれちょぼくれ」の囃子詞(はやしことば)がついたため「ちょんがれ節」「ちょぼくれ節」といった。語源不詳。早口でしゃべるところに特徴があった。享保(きょうほう)(1716~36)のころに江戸で始まり、1821年(文政4)に大坂でも流行したことが『摂陽奇観(せつようきかん)』にみえる。願人(がんにん)坊主が錫杖(しゃくじょう)を打ち振りながら歌うように語って歩いた。梅亭金鵞(ばいていきんが)の『七偏人(しちへんじん)』に「ちょぼくれちょんがれちゃらまか流」とある。[関山和夫]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ちょぼくれ
※雑俳・幸々評万句合‐安永元年(1772)調二「やり手ばばちょぼくれなどといどみあい」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちょぼくれ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ちょぼくれの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation