@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ちり紙【ちりがみ】

日本大百科全書(ニッポニカ)

ちり紙
ちりがみ
廃物利用の下等紙のこと。本来は手漉(す)き和紙の材料であるコウゾ(楮)やミツマタ(三椏)などを前処理する際にたまる、余分の外皮などのくずを集めて漉いた。宮城県白石(しろいし)地方では、コウゾの外皮を薬品を使わずに自然発酵で精製して漉いたものをちり紙といい、外皮のくずを主原料としたかす紙とは区別している。塵紙(ちりがみ)の名はすでに1506年(永正3)の『実隆公記(さねたかこうき)』にみられる。1777年(安永6)刊の木村青竹(せいちく)編『新撰紙鑑(しんせんかみかがみ)』には「およそ半紙の出るところみな塵紙あり、半紙のちりかすなり」とあるように、江戸時代には各地で種々のちり紙が生産され、鼻紙、包み紙、紙袋、壁紙、屏風(びょうぶ)や襖(ふすま)の下張りなどに広く用いられた。また、ちり紙はその産地によって名前が異なり、江戸の浅草紙や京都の西洞院紙(にしのとういんがみ)などは、故紙(こし)(古紙)を漉き返した最下級品のもので、もっぱら、落とし紙に用いられた。しかし同じちり紙でも、江戸の桜花紙(さくらばながみ)や福岡県八女(やめ)市の京花紙(きょうばながみ)などは、純コウゾ製の白くて薄手の上級品であった。現在では、ほとんどが機械漉きになり、コウゾ皮で漉いたちり紙以外の紙でも、鼻紙などに用いる紙は、一般にちり紙とよんでいる。原料は故紙がほとんどである。[町田誠之]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちり紙」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ちり紙の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation