@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

つく【ツク】

デジタル大辞泉

つ・く
[接尾]《動詞五(四)段型活用。動詞「付く」から》擬声語・擬態語などに付いて、そのようなようすを示す状態であるを表す。「がた―・く」「ふら―・く」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

つく
〘名〙
① (木菟) (後世は「づく」。→ずく) 「みみずく(木菟)」の古名。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕
② 鳥「みそさざい(鷦鷯)」の異名。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕
③ 鳥「ごいさぎ(五位鷺)」の異名。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つく
〘名〙 植物「つくし(土筆)」の女房詞。〔海人藻芥(1420)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つく
〘名〙 語義未詳。たるきをいうか。一説に、つかばしらをいう。また、一説に「つし」の誤りで、屋の梁(はり)より上をいうか。
※竹取(9C末‐10C初)「おほいつかさのいひかしく屋のむねに、つくのあなことにつはくらめは巣をくひ侍る」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つ・く
〘接尾〙 (四段型活用) 擬声語・擬態語などについてこれを動詞化し、そういう動作をする状態、そのような状態になってくる意を表わす。「がたつく」「ぶらつく」「ふらつく」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つく」の用語解説はコトバンクが提供しています。

つくの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation