@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

てぐす

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

てぐす
テグスサン絹糸腺からつくる魚釣り用の。この幼虫の老熟期に絹糸腺を取出し,希薄な酢酸に浸して引伸ばし,乾燥させて精製すると,白色透明で強靭なてぐす糸が得られる。日本では第2次世界大戦前,台湾にテグスサンを輸入して放し飼いしていた。またクスサンの絹糸腺からとった糸をてぐすの代用品に用いた。現在ではポリアミド合成繊維 (ナイロン) から合成てぐすをつくっている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

てぐす

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

化学辞典 第2版

てぐす
テグス
silkworm gut, fishing gut

元来は,野蚕などの体内から絹糸腺を取り出して,酢酸に浸し,引き伸ばして,乾燥して得られた天然てぐす(天蚕糸)を意味している.現在ではナイロンを用い,射出機でモノフィラメント紡糸し,延伸,熱処理したナイロンてぐす(nylon string)が主である.太さを自由に変化でき,強度など物理的性能がすぐれているため釣り糸などに広く用いられている.てぐすの太さの表示方法として,号数表示とラインクラス表示がある.号数表示では,1号 = 220デニール(D),2号 = 440デニールと号数と繊度(デニール)は比例し,号数が大きいほど太い.ラインクラス表示では,破断強度を10 MPa から600 MPa までの11クラスに分けたゲームフィッシング用規格である.最近では,自然環境保護のため,淡水や海水中で3~4か月で生分解される釣り糸が商品化されている.[別用語参照]ガット糸

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てぐす」の用語解説はコトバンクが提供しています。

てぐすの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation