@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ては【テハ】

デジタル大辞泉

て‐は
[連語]《接続助詞「て」+係助詞「は」。上に付く語によっては「では」とも》
危惧・不都合などの感情をもたらす条件を仮定して示す。…たら。「けが人が出ては大変だ」「死んではなんにもならない」
反駁(はんぱく)・感心などの強い感情をもたらす原因となる条件を示す。…たからには。「そこまで言われては黙っていられない」「これだけやっつけられては反論する気も起きない」
二つの動作・作用などが対になって繰り返される意を表す。「幼い頃は電車を見ては喜んでいた」「姉はいつも洋服を脱いでは着て楽しんでいる」
その条件のもとでは必ず、または常に同じ結果になる場合の、その条件を示す。「慢心していては勝てない」「せいては事を仕損じる」「遊んではよい成果が得られない」
(「…てはみる」の形で)よい結果が期待できない、あるいは自信がもてない状況のもとで、あることを行う意を表す。「考えてはみるよ」「修理してはみるけれど完全に直るかどうか」
(多く「…てはどうか」の形で)ある事柄をするよう勧める意を表す。「書いてみてはどうだろう」
[補説]うちとけた会話では「ちゃ」「じゃ」「ちゃあ」「じゃあ」となることもある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

て‐は
(接続助詞「て」に係助詞「は」が付いたもの。上に来る語によって「では」とも。現在では「て(で)わ」と読んでいる) 「て」および「は」の用法に応じて、いろいろな意となる。
① ある状態や動きが生ずる前提となる事情を示す。…の事情のもとでは。…した以上は。
※伊勢物語(10C前)二「起きもせず寝もせで夜を明かしては春の物とてながめ暮らしつ」
※徒然草(1331頃)一「この世にうまれては願はしかるべき事こそ多かめれ」
② 下に打消、または逆接の表現をともない、否定的事情を導き出す条件を示す。
※平中(965頃)二九「えけしきばみては言はで」
※浄瑠璃・曾根崎心中(1703)「怪我があってはならぬ」
③ 仮定の意を表わす。…たならば、…たら。
※伊勢物語(10C前)三三「このたびいきては、又は来じと思へるけしきなれば」
※洒落本・美地の蛎殻(1779)「てめへなんぞとくらべてはとうしみに釣り鐘だ」
④ 条件に対して常に同じ結果が生ずる事を表わす。…と。
※更級日記(1059頃)「鹿の縁のもとまで来てうちないたる。ちかうてはなつかしからぬものの声なり」
※徒然草(1331頃)三八「智恵出でては偽あり」
⑤ 対応する動作、事象が反復して起こることを表わす。
※蜻蛉(974頃)上「生絲のいとを長うむすびて、一つむすびては、ゆひゆひしてひきたてたれば」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ては」の用語解説はコトバンクが提供しています。

てはの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation