@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

であります【デアリマス】

デジタル大辞泉

であり◦ます
[連語]である」の丁寧表現。「私は東京の出身―◦ます」「私の健康の秘訣(ひけつ)はよく寝ることなの―◦ます」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

で‐あり・ます
〘連語〙 「である」の丁寧体。
※洒落本・風俗通(1800)三「なんでありますへ」
※野末の菊(1889)〈嵯峨之屋御室〉「其望みも世間の娘とは異って少しは根が張ッて居る、何故(なぜ)でありませう」
[語誌](1)江戸期には、洒落本、人情本などに遊里の女性語として多用されている。また、中流商家町人の間では、助詞を介して「他所(ほか)のことではありませんが」のような言い方もされた。
(2)一方、江戸期の漢籍国字解などで多用されていた「である」が洋学者により蘭書の訳文へ採用され、その会話態として、肯定形「ます」、否定形「ません」を付けて「であります」「でありません」が発生した。
(3) (1)や(2)が相互に影響しあって、明治期に盛んに使われるようになったと考えられる。口頭語では軍隊言葉、演説言葉で用いられ、文章語ではこれを用いた文体が「であります調」といわれる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

であります」の用語解説はコトバンクが提供しています。

でありますの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation