@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

では【デハ】

デジタル大辞泉

で‐は[接]
[接]《「それでは」の略》
前述の事柄を受けて、それをふまえて次の事柄を導くときに用いる。それなら。「では、そうします」
区切りをつけて、物事を始めたり終えたりすることを示す。「では始めよう」「ではこれまで」「ではさようなら」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

で‐は[連語]
[連語]
《断定の助動詞「だ」の連用形+係助詞「は」》判断の前提を表す。…であるとすれば。…だと。「雨では中止になる」「彼ではだれも承知しないだろう」
《格助詞「で」+係助詞「は」》…で。…においては。…を用いては。「今日では問題にされない」
《接続助詞「で」+係助詞「は」》未然形に付く。
㋐…ずには。…ないでは。…なくては。
「さぶらは―あしかりぬべかりけるを」〈・行幸〉
㋑(「ならでは」の形で)…のほかには。…以外には。
「かかる世の古事(ふるごと)なら―、げに何をか紛るることなきつれづれを慰めまし」〈・蛍〉
ては[連語]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

で‐は
[1]
[一] 打消の意を含む接続助詞「で」に、係助詞「は」の付いたもの。…なくては。
※竹取(9C末‐10C初)「深き心ざしを知らでは、あひがたしとなむ思ふ」
[二] 断定の助動詞の連用形「で」に、係助詞「は」の付いたもの。…であっては。…だと。じゃ(あ)。
※平家(13C前)九「平家の侍どもといくさして死なんとこそおもひつれ共、此御きそくではそれもせんなし」
[三] 格助詞「で」に、係助詞「は」の付いたもの。…においては。…によっては。じゃ(あ)。
※平家(13C前)七「我等はさすが東国では皆、人にしられて名ある者でこそあれ」
[2] 〘接続〙 (「それでは」の)
① 前の事柄を受け、その事をふまえた上で後の事柄が生ずることを示す。それなら。
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉三「遂に下宿と決心して宿所を出た。ではお勢の事は既にすっぱり思切ってゐるか、といふに」
② 別れ際のあいさつのことばなどの冒頭に用いる語。前の事柄と直接の関係はない。それでは。
※三四郎(1908)〈夏目漱石〉一「では御大事にと、女に挨拶をして元気よく出て行った」
③ 話題を転換するときに用いる語。前の事柄に対して区切りをつけて、挨拶を切り出したり、新たな話題に切り換えたりする。
※河童(1927)〈芥川龍之介〉一四「しかしそれ以上の説明はあなたには不必要に違ひありません。では五番目の龕の中を御覧下さい」
[補注](一)の用法で、(二)と(三)との境界は必ずしも明らかにはし難い。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

では」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ではの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation