@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

とう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

とう
tao
膜鳴楽器。中国の振鳴らす太鼓。小型の太鼓のに差込んでを回転すると,取付けられたの先の小さい玉が皮面に当ってぱらぱらと音をたてる。周代から史料にみえ,漢代には雅楽に用いられた。朝鮮でも雅楽器として用いられ,日本に伝わり,雅楽に使われた (奚婁鼓〈けいろうこ〉と併用する) 。後世子供の玩具 (でんでん太鼓) となった。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

と・う〔とふ〕
[連語]《「とい(言)う」の音変化》…という。
「これやこの名に負ふ鳴門(なると)の渦潮(うづしほ)に玉藻刈る―・ふ海人(あま)娘子(をとめ)ども」〈・三六三八〉
[補説]主に奈良時代、和歌に用いられた。→ちゅうちょう

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

とう
上二
うねり動く。 昼は雲-・ゐ夕されば風吹かむ/古事記

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とう
連語
「といふ」の転。 これやこの名に負ふ鳴門の渦潮に玉藻苅る-・ふ海人娘子あまおとめども/万葉集 3638

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

とう
とう / 薹
花期が近づいたときに急速に伸びて直立し、花または花序をつける茎をいう。やや通俗的な語で、植物学用語の花茎にほぼ相当し、野菜などの有用植物に対して用いられることが多い。生育初期の栄養成長期には節間があまり伸びずに多数の葉が地際に密生してロゼットとなっているが、生殖成長期になると、茎は地際の葉(根出葉という)よりも小さくて簡単な形の葉だけをつけるか、または普通葉をつけないで高く伸びるような場合、この現象を「とうが立つ」とか「抽薹(ちゅうだい)する」という。アブラナ科、アカザ科、セリ科などに多くの例があり、とくに越年性長日植物において豊富である。フキの場合、地下茎から普通葉とは別に出る多数の頭状花序と鱗片葉(りんぺんよう)をつけた花茎を「ふきのとう」とよぶが、これは根出葉をもたない。[福田泰二]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とう タウ
〘名〙 鳥「とき(鴇)」の異名。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とう タウ【鼗・
〘名〙 中国、朝鮮、日本の膜鳴(まくめい)楽器。ふりつづみの一種。中国での起源は古く、漢代以後雅楽に用いられ、朝鮮、日本でも雅楽で使用。小型の丸胴両面鼓に柄を差し通し、柄を回して、胴に結びつけた二本のひもの先端の球で皮面を打ち鳴らす。日本の玩具「でんでんだいこ」はその通俗化したもの。二個の胴をもつものを路鼗、三個のものを雷鼗、四個のものを霊鼗という。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

と・う
〘自ワ上二〙 うねり動く。動揺する。
※古事記(712)上・歌謡「畝火山 昼は雲登韋(トヰ) 夕されば 風吹かむとぞ 木の葉さやげる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

と・う とふ
〘連語〙 (「という」の変化したもの。終止形と連体形との用法がある) という。
※古事記(712)下・歌謡「大和の国を 蜻蛉島(あきづしま)登布(トフ)
※万葉(8C後)五・八八三「音に聞き目にはいまだ見ず佐用姫が領巾(ひれ)振りき等敷(トフ)君松浦山(まつらやま)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とう」の用語解説はコトバンクが提供しています。

とうの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation