@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

とげぬき地蔵【トゲヌキジゾウ】

デジタル大辞泉

とげぬき‐じぞう〔‐ヂザウ〕【とげぬき地蔵】
東京都豊島区巣鴨にある高岩寺通称本尊の延命地蔵菩薩はとげ抜きのほか厄除け・招福霊験があるとされる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

とげぬき地蔵
とげぬきじぞう
東京都豊島(としま)区巣鴨(すがも)にある曹洞(そうとう)宗の寺。正しくは萬頂山(ばんちょうざん)高岩(こうがん)寺というが、「とげぬき地蔵」の通称で名高い。本尊は延命地蔵菩薩(ぼさつ)。1596年(慶長1)扶嶽太助(ふがくたいじょ)が開基となって江戸・湯島に建立、のち下谷(したや)に移り、1891年(明治24)下谷より現在地に移転した。縁起によると、慶長(けいちょう)(1596~1615)のころ小石川の田付氏の妻が病気になると、夢のなかに延命地蔵が現れて印像を授けたので、妻女がこの印像で1万体の捺印(なついん)をして隅田川に流したところ、病気が治ったという。その後、正徳(しょうとく)年間(1711~16)毛利(もうり)家の女中が誤って針を飲み込んだとき、地蔵尊の印像を水で飲ませたところ、すぐに針を吐き出したという。以後、「とげぬき地蔵」の霊名があがり、広く厄除(よ)け・招福の地蔵として信仰されるようになった。大祭(1・5・9月の24日)のほか、4の日の縁日には多くの参拝者でにぎわう。[菅沼 晃]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とげぬき地蔵」の用語解説はコトバンクが提供しています。

とげぬき地蔵の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation