@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

とちおとめ

デジタル大辞泉プラス

とちおとめ
栃木県で生産されるイチゴは大きめで、色は鮮やかな酸味が少なく甘みがあり、日もちがよい。1996年に品種登録

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

事典 日本の地域ブランド・名産品

とちおとめ[果樹類]
関東地方、栃木県の地域ブランド。
栃木県の冬を代表する作物で、ほぼ全域で栽培されている。生産量は1968(昭和43)年から連続で日本一を記録している。とちおとめは、女峰に次ぐ品種として開発され、鮮やかな赤、大粒、バランスのよい食味で知られる。殆どハウスで栽培され、11月から5月にかけて収穫・出荷される。栃木で栽培されている他の品種に、とちひめ・とちひとみなどもある。

出典:日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とちおとめ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

とちおとめの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation