@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

とりよろう【トリヨロウ】

デジタル大辞泉

とり‐よろ・う〔‐よろふ〕
[動ハ四]語義未詳。とりわけてよいさまであるの意とも、すべてのものが集まり整うの意とも、宮の近くに寄っているの意ともいう。
「大和には群山(むらやま)あれど―・ふ天(あめ)の香具山」〈・二〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とり‐よろ・う ‥よろふ
〘自ハ四〙 (「とり」は接頭語か)
① 語義未詳。
※万葉(8C後)一・二「大和には 群山(むらやま)あれど 取与呂布(とりヨロフ) 天の香具山」
② (①の「万葉」例から) すべてにそなわって足りている。
※賀茂翁家集(1806)二「たち並ぶ 二つの山は ふたとすら かけごとすらも とりよろひ 開きたちなみ」
[補注]「よろう」が不明なため、諸説ある。(イ)「装(よそ)う」の意で、草木が美しく茂るの意。(ロ)「鎧(よろい)」と同語源で、峰・谷・岩・木などすべてが具足して満ち足りるの意。(ハ)「寄ろう」で、高市岡本宮の近くにそばだつの意。(ニ)「鍪与呂比」〔華厳経音義私記〕から、群山を回りにめぐらして身を固めているの意、など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とりよろう」の用語解説はコトバンクが提供しています。

とりよろうの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation