@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

とろみ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

とろみ
pod
かつお,さば,いわしなどのが浮遊した直後海面に生じるさざなみ微風によって起るさざなみとが互いに干渉して消し合い,水面を流したようになる状態のこと。魚類が密集して,水面に浮上し,体を横にして腹面を現したり,はね回ったりするので,水面が少し赤みを呈する。夏の炎天下によくみられる。熟練した漁夫遠方からこれを発見することができる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とろみ
軽くねばる状態。とろりとした状態。料理にいう。「ソースにとろみをつける」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とろみ
〈とろみ〉は停止ので,がとまった状態をさし満潮のとまりを〈たたえどろみ〉,干潮のとまりを〈ひどろみ〉などというが,漁業では,カツオイナダなどの群れが水面にあふれ,一帯が黒く見えるようになっていることをいう。これは夏,炎天の海面が油を流したときのように静かなときに多く生ずるからであろう。魚は跳ね回ったり,ぐるぐる回ったりし,水がすり鉢形に中くぼみになることもあるので,〈まきどろみ〉〈まきいお〉〈すりばちいお〉などともいわれる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

精選版 日本国語大辞典

とろ‐み
〘名〙 植物「いね(稲)」の異名
※古今打聞(1438頃)中「いざや今日小田のとろみを刈りにゆかむ 野分の風にしかれもぞする とろみとは是れは稲を云也。これはあづま言葉なり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とろみ
〘名〙 料理で、煮汁などが軽くねばる状態。とろりとした状態。「片栗粉でとろみをつける」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とろみ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

とろみの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation