@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

と拍子【とひょうし】

精選版 日本国語大辞典

と‐ひょうし ‥ヒャウシ【と拍子】
〘名〙 (形動)(「どひょうし」とも。「と」は接頭語) =とっぴょうし(突拍子)
※俳諧・猿蓑(1691)五「此筋は銀も見しらず不自由さよ〈芭蕉〉 ただとひゃうしに長き脇指〈去来〉」
[語誌](1)「教訓抄」に見られる太鼓の奏法「突拍子(とひょうし)」に基づくと思われるが、「色葉字類抄」などにある楽器の「銅鈸子」「銅拍子」と混同されたのか、濁音で「土拍子(どひょうし)」とする場合も多い。
(2)元祿・宝永(一六八八‐一七一一)の頃から、強調形として「とっぴょうしもない」「とひょうしもない」の形も用いられるようになった。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

と拍子」の用語解説はコトバンクが提供しています。

と拍子の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation