@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

と言い【トイイ】

デジタル大辞泉

と‐いい〔‐いひ〕【と言い】
[連語]
(「…といい…といい」の形で)二つ以上の事柄を挙げて、それらのすべてを同じように評価することを示す。…も…も。…だって…だって。「色と言いと言いすばらしい」
前述の事柄を受けて、さらに他の事柄が重なることを表す。…であり、その上。
「真夜中過の事―殊に風雨の烈しければ」〈染崎延房・近世紀聞〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

といい【と言い】
連語
格助詞に動詞言うの連用形いいの付いたもの
(「…といい…といい」の形で)二つ以上の事柄をあげて、それらについて述べる場合に用いる。
…の点も…の点も。…にしても…にしても。色-香り-、申し分ない
…であり、また…でもあり。バビロニヤワモトヨリ大国-、智略-、国ノ勢モ他ニ異ことニアッテ/天草本伊曽保
「…であって、その上」の意を表す。近世での用法。 此数馬殿といふ人は器量-、詩歌は人に勝すぐれた人と聞いたに/歌舞伎・好色伝授

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

と 言(い)
① (「…といい…といい」と重ねて用いて) 事柄を並べあげて、そのどれも、そのどの点もの意を表わす。
※平家(13C前)一〇「南都炎上の事、王命といひ、武命といひ、君につかへ、世に従ふ法のがれがたくして」
※中華若木詩抄(1520頃)下「山と云い、雪と云い、日と云い、四方皓々として佳なる景ぞ」
② ある物事の状態をあげて、更に他の物事が重なる意を表わす。…であり、その上さらに。
※三体詩素隠抄(1622)三「老病の身と云ひ、白髪したるほどに君に暇を申しこわんと思ふ意をのべたぞ」
※浮世草子・新色五巻書(1698)三「旅といい、行べき所のなき身なれば知るべとてもあらず」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

と言い」の用語解説はコトバンクが提供しています。

と言いの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation