@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

と言う【トイウ】

デジタル大辞泉

と‐いう〔‐いふ〕【と言う】
[連語]
人が…と呼ぶ。…と呼ばれる。「のっぽさんと言うあだ名」「大国主命(おおくにぬしのみこと)と言う神」
「と」の受ける事柄を取り立てて強調する意を表す。「人と言うのはわからないものだ」
数量を表す語に付いて、…に達する、…にも及ぶ、などの意を表す。「八千メートルと言う高所」「何万人と言う観光客」
時を表す同じ語を前後に置いて、それを強調する意を表す。「今日と言う今日は逃さない」
事物を表す同じ語を前後に置いて、そのものはすべて、の意を表す。「店と言う店は閉まっている」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

と 言(い)
(「言う」は動詞「いう(言)」の連体形)
① 人がそう呼ぶ。世間で…と言われる。
※万葉(8C後)五・八九七「重き馬荷に 表荷(うはに)打つ等(ト) 伊布(イフ)ことの如 老いにてある わが身の上に 病をと 加へてあれば」
※竹取(9C末‐10C初)「いまはむかし、たけとりの翁といふもの有けり」
② 「と」の受ける事柄を特にとりたてる意を表わす。
※古今(905‐914)春上・四九「ことしより春しりそむる桜花ちるといふ事はならはざらなん〈紀貫之〉」
※土左(935頃)発端「をとこもすなる日記といふものを、女もしてみんとてするなり」
③ 数量を示す語について、…に相当するなどの意を表わす。
※竹取(9C末‐10C初)「海にただよひて、五百日と云たつの時ばかりに」
※蜻蛉(974頃)中「西の宮は、ながされたまひて三日といふに、かきはらひ焼けにしかば」
④ 多くの数量を表わす語を受けて、数量が非常に多いことを表わす。
※平家(13C前)一一「いく千万といふ数をしらず」
⑤ 「と」の受ける事柄に似ている、そういう有様であるの意を表わす。
※洒落本・売花新駅(1777)「この子は丁子やの千山といふ目つきがあるじゃアねへか」
⑥ 「今」「今日」「今夜」などの間にはさんで、それを強調する。
※浮世草子・新色五巻書(1698)五「今と云ふ今おもひあたりぬ」
⑦ 同じ二つの名詞の間にはさんで、そういわれる物すべての意を表わす。
※足利本人天眼目抄(1471‐73)下「夢と云夢の醒ぬ事はないぞ」
⑧ 同格を表わす。「お前という男は」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

と言う」の用語解説はコトバンクが提供しています。

と言うの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation