@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

どうか【ドウカ】

デジタル大辞泉

どう‐か
[副]
心から丁重に頼み込む気持ちを表す。どうぞ。なにとぞ。「頼むからどうか見逃してくれ」
具体的な方法はともかくとして、ある問題の解決を望む気持ちを表す。なんとか。どうにか。「小遣いぐらいは自分でどうかする」
物事が普通とは異なる状態を表す。多く、変だ、あまり感心しない、などの気持ちを表す。どうにか。「今日のお前はどうかしたんじゃないか」「暑くてどうかなってしまいそうだ」
判断に自信がない、迷っているといった気持ちを表す。「本当かどうかわからない」「どうかな、難しいところだ」
確かな根拠はなくても、たぶんそうであろう、という気持ちを表す。どうも。どうやら。
「あなたがたは、―、年来のお交際(つきあい)らしく思われますが」〈里見弴・今年竹〉
[用法]どうか・どうぞ――「どうか(どうぞ)お願いします」「どうか(どうぞ)奥の方にお入りください」など、依頼の表現では相通じて用いられる。◇「どうか」は無理を承知で頼む意が強い。「どうかご承諾ください」◇「どうぞ」は勧誘の気持ちが強く、そのことをするかどうかは相手しだいになる。「どうぞお出かけください」また、「どうぞ」のあとを省略して、「どうぞ」だけで使うことができる。「どうぞ(お召し上がりください)」◇「どうかしたのか」「うまくできるかどうか」のように、異常な状態、自信のなさを表す用法は「どうぞ」にはない。◇「なにとぞ」は、やや古風ないい方だが、丁寧な気持ちは「どうか」「どうぞ」より強い。手紙文などに多く使われる。「時節がら、なにとぞご自愛ください」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

どう‐か
〘副〙 (副詞「どう」に助詞「か」の付いてできたもの)
① 一つの判断が必ずしも明確な根拠に基づかないでも、ほぼ成立しそうだ、という気持を表わす。どうやら。何だか。
※咄本・聞上手(1773)岡場所「どうかぬしゃア見た様だ。今迄はどこにゐなさった」
※歌舞伎・霜夜鐘十字辻筮(1880)序幕「今夜はどうか降りさうだから」
② 一つの事柄が理想的な姿でないながらも、まがりなりに成立する、という気持を表わす。何とか。どうにか。
※滑稽本・古朽木(1780)一「爰は北へ向ても南へ向ても賑な土地にて、どうか商ひも有さうなりしが」
③ 無理かも知れないけれども、こちらの願いをきいてほしい、という依頼・嘆願を表わす。何とぞ。たって。
※談義本・教訓雑長持(1752)四「どうか工面の仕やうで、七夕(しっせき)前に取やりも済して、盆祭一通りにして貰たし」
※坊っちゃん(1906)〈夏目漱石〉一「どうか置いて下さいと何遍も繰り返して頼んだ」
④ 人や物事の状態が正常でないことについて、気がかりである場合、非難したい気持であるさまを表わす。
※ゆく雲(1895)〈樋口一葉〉中「本当にどうか遊ばしていらっしゃる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どうか」の用語解説はコトバンクが提供しています。

どうかの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation