@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

どうしても【ドウシテモ】

デジタル大辞泉

どうして‐も
[副]
どう努力してみても。どんな径路をたどっても。「どうしても納得できない」「駅まではどうしても一時間はかかる」「どうしても話題がそこにいく」
強い決意・願望を表す。どのようにしてでも。ぜひとも。絶対に。「どうしても成功させたい」「どうしても負けたくない」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

どう‐しても
〘副〙 (副詞「どう」に、動詞「する」の連用形「し」、助詞「ても」が付いてできたもの) ある事柄が、さまざまに、または十分に考慮された上での判断を示す。どのようにしても。何としても。どうしたって。
① どのようなやりかたをしても。
(イ) 否定の表現でないもの。かならず。
※四河入海(17C前)六「所詮さある時は、どうしても去る程にぞ」
※二百十日(1906)〈夏目漱石〉一「あの音を聞くとどうしても豆腐屋の昔が思ひ出される」
(ロ) 強く否定するもの。ぜんぜん。
※虎明本狂言・財宝(室町末‐近世初)「身共はだうしてものがれぬ、よの人をたのめ」
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉二「解らないナ。どうしても解らん」
② 断定的に強調する。どう考えてもまことに。まちがいなく。
※狂歌・卜養狂歌集(1681頃)冬「としの矢のかずは三十三間の堂(ダウ)してもはやく過る光陰」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一一「どうしても天才肌だ」
③ どうあっても。ぜひとも。
※人情本・春色梅児誉美(1832‐33)初「どふも皈(けへ)しともねへようだが、どふしても皈らざアなるめへのウ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どうしても」の用語解説はコトバンクが提供しています。

どうしてもの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation