@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

どうして【ドウシテ】

デジタル大辞泉

どう‐して
[副]
方法についての疑問を表す。どのようにして。どうやって。「どうして時間をつぶそうか」
原因・理由についての疑問を表す。なぜ。「どうしてそんなにのろいのか」「どうして話を聞かないのだろう」
強い否定の気持ちを表す。決して…ない。…はずがない。「これがどうして黙っていられよう」
前の言葉を、予想外であるという意をこめて強く否定する気持ちを表す。それどころか。「見かけは子供っぽいが、どうしてなかなかしっかりしている」
[感]
感動をこめて強調する気持ちを表す。なんともはや。いやはや。「どうして、大層な人出でした」
強く否定する気持ちを表す。とんでもない。いやいや。「どうしてどうして、私などの及ぶところではない」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

どう‐して
(副詞「どう」に、動詞「する」の連用形「し」、助詞「て」が付いて一語化したもの)
[1] 〘副〙
① (疑問や推量を伴って) 原因・方法についての疑問を表わす語。
(イ) どうやって。どんなふうに。
※浮世草子・傾城禁短気(1711)五「手をよく紋日を脱れんとする男を、どふしてそなたは又本の物にして其儘紋日を括りつけるぞ」
(ロ) 何故。どういうわけで。
※四河入海(17C前)一「坡言はとうして如張翰、故郷へひっこみたいぞ」
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉二「守山君は如何(ドウ)してそんなに勉強ができるだらう」
② 判断や推測の否定を強調する気持を表わす語。
(イ) (反語表現として、または反語を伴って) どんなわけがあっても…ない。どんなにしても…ない。どんな事があっても…ない。
※洒落本・美地の蛎殻(1779)「わっちがやうなはかねへ女郎は、どうして御気に入るもんだけれど」
※人情本・春色梅児誉美(1832‐33)初「どうして女房どころなものか」
(ロ) (打消または否定的な意味の語を伴って) とうてい。それどころか。感動を伴いやすい。
※人情本・春色梅美婦禰(1841‐42頃)一〇「何様(ドウ)してあの様な娘子どもは、当時(いまどき)はすくなひヨ」
※苦の世界(1918‐21)〈宇野浩二〉三「たいそう呑気なやうにきこえるかも知れぬが、どうして腹のなかはなかなかそんなものではなかったことだ」
[2] 〘感動〙 自分の判断や推測を、強調する気持を表わす語。なんともまことに。実際。いやはや。なかなかどうして。
※化銀杏(1896)〈泉鏡花〉一三「血でも吐きゃしないか不知(しら)、と何(ド)うして其間の心配といふものは!」
※多情仏心(1922‐23)〈里見弴〉半処女「どうして、相変らず御乱行つづきらしい噂だぜ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どうして」の用語解説はコトバンクが提供しています。

どうしての関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation