@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

どす赤【どすあかい】

精選版 日本国語大辞典

どす‐あか・い【どす赤】
〘形口〙 (「どす」は接頭語) 濁った赤い色をしている。あまりに濃い赤い色をしている。〔和英語林集成(再版)(1872)〕
※一兵卒の銃殺(1917)〈田山花袋〉二四「要太郎はどす赤い顔をして、鋭い目附をあたりに放って」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どす赤」の用語解説はコトバンクが提供しています。

どす赤の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation