@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

どちりな・きりしたん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

どちりな・きりしたん
安土桃山時代のキリスト教教理書。『どちりいな・きりしたん』『公教要理』ともいう。書名ポルトガル語で「キリスト教の教義」の。当時の信徒になるための必読書であり,キリシタン版刊行書中最も広く読まれた。文禄1 (1592) 年刊天草版と慶長5 (1600) 年刊長崎版とのローマ字本2部 (重文) ,刊年未詳版と慶長5年刊長崎版との国字本2部,計4種が現存。ほぼ 11ヵ条から成り,初心の信者のために,師弟問答に擬して教理概略を平易に説く。文章語で書かれてはいるが,卑近な語を用いた俗文であるため,国語学の資料でもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

どちりな・きりしたん
キリシタン版のひとつ。イエズス会による近世初期のカトリック教理本、“Doctrina Christã”の日本語版。1600年に長崎で発行。ローマ字版もある。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どちりな・きりしたん」の用語解説はコトバンクが提供しています。

どちりな・きりしたんの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation