@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

どち【ドチ】

デジタル大辞泉

どち
動作・性質・状態などにおいて、互いに共通点を持っている人。同じ仲間。名詞の下に付いて、接尾語的にも用いる。
「君が家に植ゑたる萩の初花を折りてかざさな旅別る―」〈・四二五二〉
「男―は、心やりにやあらむ、詩(からうた)などいふべし」〈土佐

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

どち
〘名〙 動作・性質・状態などにおいて、互いに共通点を持っている人。名詞に直接ついて、接尾語的にも用いる。たがいに…である者。同じ仲間。どうし。どし。
※書紀(720)神功元年三月・歌謡「槻弓(つくゆみ)に まり矢を副(たぐ)へ 貴人(うまひと)は 貴人奴知(ドチ)や 親友(いとこ)はも 親友奴池(ドチ) いざ闘(あ)はな我は」
※土左(935頃)承平五年一月九日「見渡せば松の末(うれ)ごとにすむ鶴は千代のどちとぞ思ふべらなる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どち」の用語解説はコトバンクが提供しています。

どちの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation