@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ども【ドモ】

デジタル大辞泉

ども[接助]
[接助]《接続助詞「ど」+係助詞「も」から》活用語の已然形に付く。
逆接の確定条件を表す。…けれども。…だが。「行けども行けども山また山」
「日も暮るれ―、あやしのふしどへも帰らず」〈平家・三〉
上の事柄を受け、それを条件として予想されることに反する事柄がいつも起こることを表す。…の場合でも、きまって。
「このころの恋の繁けく夏草の刈り払へ―生(お)ひしくごとし」〈・一九八四〉
[補説]中古の「ども」は漢文訓読文に多くみられるが、中世後期以降は「ど」より優勢となる。2は、中世以後「たとひ」などと呼応して、逆接仮定条件のように用いられることもある。現代語では文章語として用いられる。→と言えども

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ども
( 接助 )
〔接続助詞「ど」に係助詞「も」の付いたものから〕
活用語の已然形に接続する。
接続助詞「」に同じ。…が。…けれども。 「弓矢をとり立てむとすれ-、手に力もなくなりて/竹取」 「秋来ぬと目にはさやかに見えね-風の音にぞおどろかれぬる/古今 秋上
接続助詞「」に同じ。たとえ…たとしても。 「法師は、聖といへ-、あるまじき横ざまのそねみ深く、うたてあるものを/源氏 薄雲」 「この泊り、遠く見れ-、近く見れ-、いとおもしろし/土左」
単に上の事柄と下の事柄とを接続するのにも用いられる。 「風吹き波はげしけれ-、神さへいただきに落ちかかるやうなるは/竹取」 〔現代語では、「といえども」「行けども行けども」など、限られた言い方の中でしか用いられない。「彼といえ-、この暑さにはすっかり参ってしまった」「行け-行け-海岸が続く」〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ども
〘副〙 「どうも」の変化した
※夜話荘治(1782)二「火の手があがってはどもかなはぬ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ど‐も
〘接助〙 活用語已然形を受ける。
(イ) 逆接の確定条件を表わす。けれども。
古事記(712)中・歌謡「道の後 古波陀嬢子を 神の如 聞えしか杼母(ドモ) あひ枕まく」
※竹取(9C末‐10C初)「音には聞けともいまだ見ぬ物なり」
(ロ) 常に照応しない一般的な習慣や普遍的真理を述べる。…ても。…たとしても。
土左(935頃)承平五年一月一八日「このとまり、遠く見れども近く見れどもいとおもしろし」
(ハ) 単に上の事柄と下の事柄とを接続したもの。
※竹取(9C末‐10C初)「風吹き波はげしけれ共、神さへいただきに落ちかかるやうなるは」
[補注]上代形容詞に接続する場合、多くは古い已然形「け・しけ」を受ける。「万葉‐三九八一」の「あしひきの山きへなりてとほ家(ケ)騰母(ドモ)心し行けば夢に見えけり」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ども」の用語解説はコトバンクが提供しています。

どもの関連情報

他サービスで検索

「ども」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation