@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

どん底【どんぞこ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

どん底
どんぞこ
Na dne
ロシアの作家 M.ゴーリキー戯曲。4幕。 1902年作。帝制末期のモスクワ木賃宿に住むどん底の人々の生活を描く。 02年モスクワ芸術座初演。しかし,これは検閲で削除されたテキストによるもので,完全上演は革命後の 28年。モスクワ芸術座の代表的レパートリーの一つ。日本では 10年に小山内 (おさない) 演出により『夜の宿』ので上演された。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」

どん底
ロシアのひどく貧しい一角に住み着く人々が、絶望的な現状を抜け出そうと夢や希望を抱えて暮らす。1902年にゴーリキーが戯曲を書き上げ、同じ年にモスクワ芸術座で初演された。日本初演は8年後。自由劇場の小山内薫が訳し、当初は「夜の宿」と題した。戦後は54年の文学座が岸田国士の演出で上演したほか、民芸、東演、俳優座など新劇の各劇団が取り上げた。宇野重吉が演じたペーペル、滝沢修ルカ仲代達矢のサーチンなど数々の当たり役を生んだ。
(2008-04-23 朝日新聞 朝刊 朝刊文化)

出典:朝日新聞掲載「キーワード」

デジタル大辞泉

どん‐ぞこ【どん底】
いちばん下の。また、物事の最悪・最低の状態。「貧乏のどん底

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どんぞこ【どん底】[戯曲]
原題、〈ロシアNa dneゴーリキーの戯曲。4幕。1902年初演。木賃宿を舞台に、社会の底辺生きる人々の姿を描いたもの。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

どん底
1957年公開の日本映画。監督・脚本:黒澤明、脚本:小国英雄、美術:村木与四郎。出演:中村鴈治郎山田五十鈴香川京子、上田吉二郎、三船敏郎東野英治郎、三井弘次ほか。ゴーリキーの同名戯曲の舞台を江戸時代の棟割り長屋に置き換えた作品。第12回毎日映画コンクール美術賞受賞。第12回毎日映画コンクール男優主演賞(三船敏郎)、第12回毎日映画コンクール男優助演賞(三井弘次)ほか受賞。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どん底
1936年製作のフランス映画。原題《Les bas-fonds》。ゴーリキーの同名戯曲の映画化。監督:ジャン・ルノワール、出演:ジャン・ギャバン、ルイ・ジューベ、シュジー・プリムほか。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どん底
日本のポピュラー音楽は女性歌手、門倉有希。1996年発売。作詞:荒木とよひさ、作曲:浜圭介。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

どんぞこ【どん底 Na dne】
ロシアの作家ゴーリキー作の4幕の戯曲。1902年10月モスクワ芸術座によって上演され大成功を博し,続いてベルリンをはじめヨーロッパ各地で翻訳上演され,ゴーリキーの名は世界中に知られるようになった。〈かつて人間であった人々〉,元旅役者,元男爵,泥棒,浮浪者など社会の下層の人間たちが住みついている簡易宿泊所が舞台である。ここに姿を現した巡礼ルカーは,生きる希望もない零落した人々に同情し,ひとりひとりに安らぎの言葉を与え,救済の幻影で慰める。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

どんぞこ【どん底】
一番下の底。底の底。
最悪の状態。 不幸の-に沈む -からはい上がる

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どんぞこ【どん底】
ゴーリキーの四幕戯曲。1902年初演。帝政ロシア時代に木賃宿をねぐらとして社会のどん底で生活する人々の群像を描く。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

どん底
どんぞこ
На дне Na dne
ロシア・ソ連の作家ゴーリキーの四幕戯曲。1900年に発想、1902年脱稿、同年12月モスクワ芸術座初演。強欲な軍人あがりの男が経営する木賃宿に寝泊まりする零落者たち――自称男爵、泥棒、売春婦、役者くずれ、錠前屋(じょうまえや)夫婦らの希望のない生きざまがまず示され、そこへいわくありげな過去をもつ巡礼ルカーが現れ、ひとりひとりに「慰め」の説教をする。売春婦の嘘(うそ)の恋物語の聞き手になってやり、死にかけている錠前屋の女房アンナを「死は安息だよ」と慰め、アル中の役者くずれには「無料療養所がある」と更生を勧め、泥棒ペーペルには「シベリアだって極楽さ」と慰め、いつの間にか姿を消してしまう。しかし彼の慰めはむなしく、役者は首を吊(つ)り、アンナは死に、売春婦は行方不明、泥棒は木賃宿の主人を殺してシベリア送りとなる。飲んだくれのサーチンだけが慰めを否定し「人間、こいつは、なんて豪勢な響きだ!」と叫ぶ。劇のテーマは「真実がいいか、同情がいいかを提起することだ」(作者のことば)。全体に暗鬱(あんうつ)な劇だが、台詞(せりふ)が生き生きとして迫力がある。日本ではモスクワ芸術座の演出を模した小山内薫(おさないかおる)の演出(1910、1924)で一定の型ができ、新劇の重要レパートリーの一つとなっている。[佐藤清郎]
『神西清訳『どん底』(『グリーン版世界文学全集 37』所収・1962・河出書房新社) ▽中村白葉訳『どん底』(岩波文庫)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

どん‐ぞこ【どん底】
[1] 〘名〙 (「どん」は接頭語)
① 最も底。一番の底。
② 最悪の状態。
※雑俳・手ひきぐさ(1824)「瀬戸を越へどん底に居る前頭」
③ 物事の極致、本質。
※洒落本・跖婦人伝(1753)「一旦豁然(くつぜん)として色道の団底(ドンゾコ)をうちぬきたり」
[2] (どん底) (原題Na dnje) 戯曲。四幕。ゴーリキー作。一九〇二年モスクワ芸術座初演。帝政ロシア時代の木賃宿にうごめく、社会の下層部の人々の生活を通して、人間の尊厳と幸福という根本的な問題を提起した。日本では明治四三年(一九一〇)自由劇場が「夜の宿」の題名で有楽座で初演。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

どん底
どんぞこ
Na Dne
ロシアの小説家ゴーリキーの代表的戯曲
1902年初上演。社会の最下層にうごめく人間の姿を描き,ゴーリキーの名を世界に広めた作品。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どん底」の用語解説はコトバンクが提供しています。

どん底の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation