@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【ド】

デジタル大辞泉

ど[五十音]
」の濁音。歯茎の有声破裂子音[d]と母音[o]とから成る音節。[do

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ど[接助]
[接助]活用語の已然形に付く。
逆接の確定条件を表す。…が、しかし。…けれども。
「さばかりおぼしたれ―、限りこそありけれ」〈桐壺
上の事柄を受け、それを条件として予想されることに反する事柄がいつも起こることを表す。…の場合でも、きまって。…ても。
「よき人の物語するは、人あまたあれ―、一人に向きて言ふを、おのづから人も聞くにこそあれ」〈徒然・五六〉
[補説]「ども」と同じ意味・用法をもつが、中古から中世にかけて、漢文訓読文系統では「ども」が多用されているのに対し、仮名日記系統では「ど」が圧倒的に多かった。中世中ごろからは女性も「ども」を多く用い、「ど」は衰えた。現代語では文章語として、「といえど」「と思えど」「待てど暮せど」など慣用的表現に用いられる。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ど[接頭]
[接頭]名詞や形容詞に付く。
まさにそれに相当するものであることを強調する。「真ん中」「ぎつい」
ののしり卑しめる意をより強く表す。「けち」「下手」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

「と」の濁音の仮名。歯茎破裂音の有声子音と後舌の半狭母音とから成る音節。 〔奈良時代までは、上代特殊仮名遣いで甲乙二類の別があり、発音上区別があったとされる〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

( 接助 )
活用語の已然形に接続する。
逆接の確定条件を表す。実際に起こった事柄を条件としてあげ、その条件のもとでは、反対の結果が現れることを表す。が。けれども。 「子は京に宮づかへしければ、まうづとしけれ-、しばしばえまうでず/伊勢 84」 「格子をあげたりけれ-、守、心なしとむつかりて、おろしつれば/源氏 帚木
一定の条件を示して、その条件のもとでは、それと背反関係にある事態がいつも起こることを表す。たとえ…たとしても。 「二人行け-行き過ぎかたき秋山をいかにか君がひとり越ゆらむ/万葉集 106」 「いにしへの古体の鏡は…人てふれね-、かくぞあかき/大鏡 後一条」 〔現代語では、「といえど」「と思えど」など、限られた言い方の中でしか用いられない。「暑いといえ-、我慢できないことはない」「言うまいと思え-今日の暑さかな」〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

( 接頭 )
名詞や形容詞に付いて、まさにそれに相当する意であることを強調する。 「 -まんなか」 「 -ぎつい」
名詞・形容詞・形容動詞などに付いて、ののしる気持ちをこめる。 「 -根性」 「 -えらい」 「 -あほう」 〔は近世上方の俗語に由来。現在でも、は関西方面に主として用いられている〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

〘接助〙 活用語已然形を承けて逆接の条件を表わす。ただし形容詞を承ける場合、上代では已然形「けれ」「しけれ」の形が未発達であったため、上代特有の已然形「け」「しけ」の形を承ける。
① 逆接の確定条件を表わす。…けれども。
※古事記(712)上・歌謡「赤玉は 緒さへ光れ(ド) 白玉の 君がよそひし 貴くありけり」
※万葉(8C後)一五・三七二八「あをによし奈良の大路は行きよけ(ド)この山道は行き悪しかりけり」
② 条件に対して、常にそれと背反する一定の結果を生ずることを表わす。いかに…しても。…の場合でも。
※万葉(8C後)二・一〇六「二人行け(ド)行き過ぎかたき秋山をいかにか君がひとり越ゆらむ」
※源氏(1001‐14頃)若紫「よからねむげに書かぬこそわろけれ」
[語誌](1)語源については、文献以前の時代に推量を表わす鼻音的要素が、助詞「と」と融合し「ど」となったとする説(吉田金彦)がある。
(2)上代には、確定条件逆接の意味は活用語の已然形だけでも表わせたが、逆接の意味を補強するため助詞「ど」「ども」が用いられた。
(3)上代、散文においては「ども」にくらべて用例が少ないが、「万葉集」ではほとんど同様に用いられた。中古の女流作品では「ど」が圧倒的に多用されたのに対し、漢文訓読文では「ども」をもっぱら用いるという著しい傾向がある。この傾向は中世初期まで続くが、しだいに「ど」は用いられなくなり、中世末期に至ると日常語からはほとんど消えて、文語化したらしい。
(4)①の挙例の「万葉‐三七二八」のように、条件と帰結との間に因果関係がない場合がある。しかし、この場合も都会の道と山の道というような対立の認識は存在する。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

〘接頭〙 (接頭語「どう」の変化した語か)
名詞・形容詞・形容動詞、時には動詞の上にも付いて、ののしる気持をこめる。近世以来の上方の俗語で、現在も関西方面を主として用いられている。「ど根性」「どしぶとい」「どあつかましい」など。
雑俳登梯子(1705)「としどしは産むも因果やどいんぐや」
② 名詞や形容詞の上に付いて、まさにそれに相当する意であることを強調する俗語。「ど真ん中」「どぎつい」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

どの関連情報

他サービスで検索

「ど」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation