@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ない【ナイ】

デジタル大辞泉

ない[名]
《「な」は地、「い」は居の意》
大地。地盤。「ない震(ふ)る」「ない揺(よ)る」などの形で、地震が起こる意で使われることが多い。
「下動(とよ)み―が揺り来ば破(や)れむ柴垣」〈武烈紀・歌謡〉
地震。
「恐れのなかに恐るべかりけるはただ―なりけり」〈方丈記

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ない[感]
[感]武家に仕える中間(ちゅうげん)・奴(やっこ)などが呼ばれて答えるときなどに発する語。はい。
「『馬取り共その間、宮へ行て休息せい』『―』」〈浄・鑓の権三

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ない[助動]
[助動][なかろ|なく・なかっ|ない|ない|なけれ|○]動詞・助動詞「れる」「られる」「せる」「させる」「たがる」の未然形に付く。
動作・作用を打ち消す意を表す。「悪い本は読まない
「足下(そっか)のやうに言(ものをい)うては論が干(ひ)ない」〈滑・浮世床・初〉
文末にあり、上昇調のイントネーションを伴って、発問・勧誘を表す。「学校から通知が来ない」「そろそろ出かけない」→ないかないでなかったなくてならない
[補説]「ない」は室町末期以来主に東日本で使われているが、終止形・連体形以外の用法はきわめて少ない。「ず(ぬ)」に代わって打消しの助動詞として用いられるようになったのは、江戸後期からである。語源については、打消しの助動詞「ぬ」を形容詞化したとみる説、形容詞「なし」、または、東国方言「なふ」の音変化説など諸説がある。「ない」がサ変動詞に付くときは、「しない(じない)」の形をとる。また動詞のうち「ある」には付かない。2は、話し言葉に用いられるが、終止形用法に限られ、ほとんど打消しの意が失われているところから、終助詞として扱うこともある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

な・い[接尾]
[接尾]形容詞型活用[文]な・し(ク活)》形容詞・形容動詞語幹など性質・状態を表す語に付いて形容詞をつくり、その意味を強調する。「あどけ―・い」「せわし―・い」「切―・い」「はした―・い」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ない
ラ行特別活用の動詞「なる」の連用形の音便の形および命令形。 → なる動ラ特活

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ない
助動 なかろ ・なくなかつ ・ない ・ない ・なけれ ・ ○
動詞、助動詞「れる」「られる」「せる」「させる」「しめる」「たがる」の未然形に付く。ただし、動詞のうち、「ある」だけには付かない。また、サ変動詞には、未然形のうちの「し」の形に付く。
動作・作用・状態などの打ち消しを表す。 酒も飲まないし、タバコも吸わない とても犬猫の面倒までは見きれない
文末にあって、問いかけや勧誘の意を表す。普通、上昇調のイントネーションを伴う。「ないか」の形をとることもある。 あなた、あしたはうちにいない いっしょに手伝ってくれない もうぼつぼつ出かけない
「ないで」の形で文末にあって、打ち消しの願望や婉曲な禁止の意を表す。 もうどこにも行かないでね 授業中だから、よそ見をしない (1) 助動詞ないの起源は、上代東国方言の助動詞なふと関連があるものともいわれる。文献上では、ロドリゲスの日本大文典に、関東方言でアゲナイ、ヨマナイ、ナラワナイなどと言うとあるのが早いもので、近世江戸語以降、しだいに広く用いられるようになった。 (2) 未然形なかろに助動詞の付いたなかろうは打ち消しの推量を表すが、この場合、現代語ではないだろうを用いることが多い。 (3) 連用形なくに接続助詞の付いたなくては、時に促音が添加されてなくってとなることがある。なかなか話が終わらなくってじりじりした。また、連用形なくに助詞てはの付いたなくてはは、話し言葉のくだけた言い方では、なくちゃとなることがある。返事を早く出さなくちゃならない (4) 連用形なかっは助動詞、助詞たりを伴って打ち消しの過去を表すが、これは明治以降、広く用いられるようになったもので、近世江戸語では一般にはなんだが用いられた。→なんだ。 (5) 用言にかかる用法や中止法に用いられるないでを助動詞ないの連用形の一つの形と認める説もある。→ないで。 (6) 仮定形なけれに接続助詞の付いたなければは、話し言葉でのくだけた言い方では、なけりゃなきゃとなることがある。すぐ出かけなけりゃならない早く行かなきゃ間に合わない。なお、近世江戸語では、なければに先立ってないければという言い方が広く用いられた。→ないければ。 (7) 現代語では、助動詞ないは動詞あるには付かないが、近世では、あらないの例もごくまれにはみられる。くびもこわいものではあらない/おあむ物語せく事はあらない/浄瑠璃・宵庚申

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ない
接尾
形容詞型活用[文] ク な・し
性質・状態を表す語(形容詞・形容動詞の語幹など)に付いて形容詞をつくり、程度のはなはだしい意を表す。 切-・い せわし-・い いたいけ-・い はした-・い 満遍-・い

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ない
〘名〙 植物「あかりんご(赤林檎)」の古名。
※本草和名(918頃)「㮈 又有林檎〈相似而小〉和名奈以 一名布奈江」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ない
〘感動〙
① 相手の呼びかけに答えて発することば。江戸時代、武家に仕える下僕(中間・小者・奴)などが用いた。はい。
※浄瑠璃・薩摩歌(1711頃)上「ないといらへてふり出す手さきあがりの頭八ぶん」
※浄瑠璃・夕霧阿波鳴渡(1712頃)中「『〈略〉八つ時分迎ひに来い』『ない』」
② 相手の注意をひこうとして呼びかけるとき発することば。なあ。
※破戒(1906)〈島崎藤村〉四「ない(なあと同じ農夫の言葉)、〈略〉貴方もそれぢゃいけやせん」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ない
〘助動〙 (現代語の活用は「なかろ(なから)・なく・なかっ・ない・ない・なけれ・◯」。動詞、助動詞「せる」「させる」「しめる」「れる」「られる」「たがる」の未然形に付く打消の助動詞)
① 打消を表わす。
※ロドリゲス日本大文典(1604‐08)「Aguenai(アゲナイ)。Yomanai(ヨマナイ)。Narauanai(ナラワナイ)。Mǒsanai(マウサナイ)
※雑兵物語(1683頃)上「思ひの外に死なないで、今に命が生てねまる」
② (「か」「かしら」などを伴って) 否定的叙述の疑問を表わす。また、婉曲に命令・希望・勧誘・依頼する意を表わす。
※洒落本・遊子方言(1770)「貴さまいっそかわないか、出来てゐようから」
[語誌](1)起源は、上代東国語の助動詞「なふ」であるとする考え方がある。ただし、「ない」は文献上室町末から関東方言として現われるが、上代との間を結びつける証例は得られない。→なう
(2)近世前期の「雑兵物語」「やっこはいかい」などでは、「ない」以外の活用形は見られない。近世後期の江戸語では、打消は「ない」より「ぬ」が一般的である。「口語法別記」(一九一七)では、「ず、ぬ、ね」と「なく、ない、なけれ」について、地方分布を説いた上、「因て、二つながら、通用させる事にした」としている。国定教科書では「尋常小学読本」(一九〇七)以来、「ない」が優位を占めるようになり、今日普通の口語文では、特別の場合のほか、ほとんど「ない」である。
(3)今日のような活用をするようになったのは、後期江戸語以来と考えられている。それは形容詞の活用に類推したものである。ただし、その初めは、「なかった」よりも「なんだ」、「なければ」よりも「ないければ」の言い方のほうが普通である。
(4)江戸語の話しことばとしては、「ない」の形はしばしば「ねえ」の形で現われる。「ねへ」「ねへでも」「ねへければ」など。
(5)各活用形のうち、(イ)未然形「なから(なかろ)」は、ごくまれに用いられた。「人情・花筐‐二」の「この頃うちは種種取込んで居たから、五七日も来なからうが、そりゃア常の事た」など。(ロ)連用形には「なく」「なかっ」の両形がある。「なく」は、「なくて」「なくなる」に用いられる。単独に中止法に用いることは標準的でない。「なくて」の場合、往々「なくって」の形になる。「洒・古契三娼」の「指がどこへかとんで、見えなくなったのさ」、「洒・婦身嘘‐鎌倉和倉下伊蔵茂屋の楼上」の「ゆっくりはなしもできるから、いかなくってよければ、よしなよ」など。「なかっ」は「た」を伴う。「人情・仮名文章娘節用‐後」の「四五日おれが来なかったから」など。なお、「ないで」の「ない」、また「ないで」全体を「ない」の連用形と考える説もある。→ないで。(ハ)已然形「なけれ」は助詞「ば」に続くとき現われるが、「なければ」に先立っては「ないければ」が普通であった。それは、「ない」に「けれども」と同様に助詞としての「ければ」が付いたものと考えられる。「洒・富賀川拝見‐山本屋の段」の「十ぶんな事をして貰はねへければ、おめへもむねがすみやすめへ」など。「なければ」は「なけりゃ」「なきゃあ」となることがある。「洒・郭中奇譚‐船窓笑語」の「わたしやかさんに見せなけりゃならぬ」、「人情・春色江戸紫‐二」の「室町へ帰さなきゃアならない理屈」など。
(6)助動詞「そうだ」、動詞「すぎる」には語幹「な」から続く。「できなそうだ」「できなすぎる」など。形容詞「ない」の場合と同様に、接尾語の「さ」を伴うこともある。「できなさそうだ」「できなさすぎる」など。
(7)一般に動詞および動詞活用の助動詞に付くが、(イ)動詞「ある」と助動詞「ます」には接続しないのが通常である。ただし、文献には、次のような例が見える。「浄瑠璃・心中宵庚申‐上」の「せく事はあらない」、「滑・八笑人‐二」の「其様なお客はいりましねへ」など。(ロ)サ変動詞「する」は、未然形「し」に付くのが普通であるが、まれに、「せ」に付くことがある。「浄・平仮名盛衰記‐二」の「母人の伽はせないで何をほざく」、「病牀六尺〈正岡子規〉」の「今日の時勢に敵せないものを改良して行く」など。なお、東北方言には「さ」に付くものがある。カ変動詞「来る」には、未然形「こ」に付くが、関東方言には「き」に付くものがある。
(8)形容詞、形容動詞、助動詞などの連用形、または、それに助詞「は」「も」の付いたものに付く「ない」は、普通、形容詞「ない」の補助用言としての用法とみる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

な・い
〘接尾〙 (形容詞型活用) な・し
(形容詞ク活型活用) 性質・状態を表わす語(多く、形容詞語幹・形容動詞語幹など)に付いてその意味を強調し、形容詞化する。「苛(いら)なし」「うしろめたなし」「切(せつ)ない」「はしたない」など。また、「大層もない」「滅相もない」など、「も」のはいった形もある。
※かた言(1650)一「けふの御成(おなり)は冥加なひ御ことにてさふらふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ない
(助動詞「なる」の命令形) ⇒なる

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ない」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ないの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation