@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ぬべし【ヌベシ】

デジタル大辞泉

ぬ◦べし
[連語]《完了の助動詞「ぬ」の終止形+推量の助動詞「べし」。この場合「ぬ」は強調の用法》
推量の意を表す。…に違いない。きっと…てしまうだろう。
「御舟(みふね)海の底に入らずは神落ちかかり―◦べし」〈竹取
意志を表す。…してしまうつもりだ。きっと…しよう。
「今いととくまかで―◦べし」〈かげろふ・中〉
(下に打消し・反語を伴って)可能の意を表す。きっと…することができる。…できそうだ。
「したり顔に、おとなしく、もどき―◦べくもあらぬ人の、言ひ聞かするを」〈徒然・一六八〉
当然の意を表す。きっと…するはずである。
「古今あまた書き写しなどする人は、みなも覚え―◦べきことぞかし」〈二三
適当の意を表す。…するのがよい。
「けにかの国の内に、さも人の籠りゐ―◦べき所々はありながら」〈・若紫〉
[補説]「ぬべし」は平安時代から鎌倉時代にかけて最も多く用いられた。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぬ‐・べし
(完了の助動詞「ぬ」の終止形に推量の助動詞「べし」の付いたもの)
① 事態の生ずることを確定的なこととして推量する意を表わす。きっと…するだろう。…してしまうにちがいない。…てしまいそうだ。
※古事記(712)下・歌謡「天飛(あまだ)む 軽の嬢子(をとめ) いた泣かば 人知り奴倍志(ヌベシ)
② 事態の生ずることが確かに可能又は適当であると判断する意を表わす。…できそうだ。…してよい。
※源氏(1001‐14頃)若紫「げにかの国のうちにさも人のこもりゐぬべき所所はありながら」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぬべし」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ぬべしの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation