@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ねそ【ネソ】

デジタル大辞泉

ねそ
副詞ねそねそ」から》鈍重で気が利かいこと。また、そのような人。
大宮司の―殿がいつの間にやらちょろまかし」〈浄・猿丸太夫鹿巻毫〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ねそ
副詞ねそねそから
言葉や動作がのろく、鈍いこと。また、その人。また、気の利かない人にもいう。 あんな-がおはごとを仕出し/浮世草子・姑気質

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ねそ
〘名〙
① 刈柴・などをにするのに用いる、クロモジの皮・マンサクの皮・フジヅルなどの
※名語記(1275)四「樵夫か山にて薪をゆふ、ゆひそをねそとなづく、如何。、ねりそ也。和哥にもねるや、ねりそといへり。又云、なはしろの反はなそをねそといへるにや。縄代の、さもやとべるもの也」
② 植物「がまずみ(莢蒾)」の異名。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕
③ 植物「くろもじ(黒文字)」の異名。〔物類称呼(1775)〕
④ 植物「まんさく(満作)」の異名。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ねそ
〘名〙 (副詞「ねそねそ」から) 言語・動作が重厚・遅鈍であること。鈍重で黙々としていること。また、その人。特に、近世、上方で用いた。ねっそり
※雑俳・軽口頓作(1709)「いふものじゃかならずねそがいひ所」
浮世草子・世間姑気質(1772)四「顔が美しい故、得てあんなねそがおはごとを仕出し、外に女房子などをこしらへて置くもの」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ねそ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ねその関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation