@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ねた【ネタ】

デジタル大辞泉

ねた
《「たね()」を逆さ読みにした語》
新聞記事・文章などの材料。「小説のねた
証拠。「ねたがあがる」
奇術などの仕掛け。「ねたを明かす」
漫才で事前に決めている話題や、コントなどの出し物。「野球選手の物真似のねたが受けた」
人をかつぐための、真実めかした作り話。悪意のある嘘ではなく、相手を笑わせたり軽くからかったりする程度である場合をいう。「彼の失敗談はねただろう」
料理などの原料。また、材料。「すしのねた

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ねた
たね(種)の倒語
もとになるもの。材料。原料。 記事の- 寿司- 話の-
証拠。また、証拠の品。 -があがる
手品などの仕掛け。物語の展開や結末。 -ばれ -が割れる

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ねた
〘名〙 (「たね(種)」を逆に読んだ隠語)
① たね。原料。また、材料
※随筆・松屋筆記(1818‐45頃)九二「中明寺百首に『悪僧のそら道心の座禅豆ただ納豆のねたにおとれる』」
② 事をするための資金や道具。
※歌舞伎・吹雪花小町於静(お静礼三)(1867)大切「なんのねたもねえ癖に、居残りはまっぴらだ」
③ 新聞・雑誌の記事の特別な材料。〔新しき用語の泉(1921)〕
④ 品物。商品。しろもの。
※歌舞伎・繰返開花婦見月(三人片輪)(1874)序幕「ありやあ豪気にねたがいいぜ」
⑤ しかけ。手段。
証拠や証拠の品をいう俗語。
※今年竹(1919‐27)〈里見弴〉昼の酒「大抵ねたがあがってたって、根気よく、存ぜぬ知らぬ一点張りで頑張って了へばいいものを」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ねた」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ねたの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation