@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ねんす【ねんす】

大辞林 第三版

ねんす
動サ特活
動詞なんすの転。近世後期、遊里の女性語
補助動詞として用いられる。動詞の連用形に付いて、軽い尊敬の意を表す。 酒を飲み-・せずと、もうおいで-・し/洒落本・南閨雑話 活用はサ行特別活用の動詞なんすに同じ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ねん・す
〘他サ特活〙 (「なんす」の変化した語。活用は、「なんす」と同じ) 動詞の連用形を受けて、軽い尊敬の意を表わす。主に品川の遊里で用いられた。
※洒落本・南閨雑話(1773)部屋の体「あした錦糸さんへ文をやりねんすなら、わっちも文をあげいすから、いっしょにやっておくんねんし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ねんす」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ねんすの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation