@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

はんだ

日本大百科全書(ニッポニカ)

はんだ
はんだ / 半田
solder

融点の低いろう付け用合金の総称。軟ろうともいう。はんだ材として必要な性質は、接合する金属とのなじみ(ぬれ性)がよく、適当な溶融温度と流動性があり、毛細管現象で十分に広がり、溶融状態で均一安定であることなどである。普通に用いられるはんだは鉛‐スズ合金であり、スズが接着を受け持ち、鉛は強さの増加と融点の低下の役割を果たす。規格には5~98%スズのものがあるが、もっとも普通に用いられるものはスズ50%を含むもの(完全凝固温度約183℃、完全溶融温度約215℃)である。95%スズはんだ(183~224℃)は特殊な電子工業部品や食品に接する部分の接合に用いられる。60~65%スズはんだは融点がもっとも低い(183~190℃)ので、ぬれ性がよく、非常に狭いすきまの精密はんだとして用いられる。鉛‐スズ系はんだの最高使用温度はいずれも約150℃であり、接合部がこれより高い温度で使用される場合には融点の高い硬ろうを使用する必要がある。このほかビスマス、インジウムを加えて融点を100℃以下とした低融点はんだや、亜鉛、スズ、カドミウムを主成分とするアルミはんだなどもある。近年、環境問題への配慮から、鉛を含まないはんだ合金(lead-free solder)が開発され、その利用が急速に増している。

[及川 洪]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

はんだ
ハンダ
solder, soft solder

スズ,鉛,あるいは亜鉛を主成分とするPb-Sn,Pb-Sn-Sb,Pb-Sn-Cd,Zn-Cdなどの軟ろう.はんだは黄銅青銅,鉄,亜鉛,鉛などの金属製品の接合用として,機械,電機などの部門に広く利用されている.はんだは溶融温度が低く,ろう接作業が非常に容易で,ろう接にははんだごてを使用する.Pb-Sn合金系はんだを表に示す.スズの多いものほど高価になるが,電気部品のろう接にはスズの多いものを用いる.また,はんだのろう接面上の伸びを良好にするためにカドミウムを含んだものや,溶融温度を下げるためにビスマスを含んだもの,高温用のZn-Cd系などがある.近年,鉛の毒性が問題となり,鉛を含まないはんだ(鉛フリーはんだ)の開発が進められている.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はんだ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

はんだの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation