@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

【ハ】

デジタル大辞泉

は[五十音]
五十音図ハ行の第1音。咽頭の無声摩擦子音[h]と母音[a]とから成る音節。[ha]
平仮名「は」は「波」の草体から。片仮名「ハ」は「八」の全画から。
[補説](1) 「は」は、古くは両唇の無声摩擦子音[Φ]と母音[a]とから成る音節[Φa]であり、さらに奈良時代以前には[pa]であったかともいわれる。室町時代末までは[Φa]であったが、江戸時代に入り、[ha]となった。(2) 「は」は、平安時代半ば以後、語中・語尾では、一般に[wa]と発音されるようになった。これらは、歴史的仮名遣いでは「は」と書くが、現代仮名遣いでは、助詞「は」以外はすべて「わ」と書く。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

は[感]
[感]
かしこまって応答するときに用いる語。はっ。「―、承知いたしました」
ややかしこまって聞き返すときに用いる語。はあ。「―、なんとおっしゃいましたか」
大声で笑う声。あはは。
「人皆―と笑ひけり」〈宇治拾遺・五〉
不審を感じたり、当惑したりしたときに発する語。はて。
「―、これはいかなこと、ちごにおなりやったは」〈虎清狂・薬水〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

は[係助]
[係助]名詞、名詞に準じる語、活用語の連用形、助詞などに付く。
判断の主題を提示する意を表す。「犬動物だ」「教育国民の義務である」
「黒牛潟潮干の浦を紅の玉裳裾引(すそび)き行く―誰(た)が妻」〈・一六七二〉
ある事物を他と区別して、または対比的に取り立てて示す意を表す。「風強いが、日照っている」
「夕されば小倉の山に鳴く鹿―今夜(こよひ)―鳴かず寝(い)ねにけらしも」〈・一五一一〉
叙述の内容、またはその一部分を強調して明示する意を表す。「喜ばずにいられない」「やがてわかってくれるだろう」
「死を恐れざるに―あらず、死の近きことを忘るるなり」〈徒然・九三〉
(文末にあって)感動・詠嘆を表す。…ことよ。…だなあ。…よ。
「されど、門の限りを高う作る人もありける―」〈・八〉
(形容詞・打消しの助動詞「ず」の連用形に付いて)順接の仮定条件を表す。…のときは。…の場合は。…ならば。
「験(しるし)なきものを思はず―一坏(ひとつき)の濁れる酒を飲むべくあるらし」〈・三三八〉
[補説]係助詞「は」は現在では「わ」と発音するが、「は」で表記するのが普通。格助詞「を」、また「ときに」に付くときは、音変化して「をば」「ときんば」の形をとることもある。4については終助詞とする説もある。また、5については近世初期以降には「は」が音変化して、「くば」「ずば」の形をとることもあり、「ば」を接続助詞と解して仮定条件を表すこともあった。→をばときんばずばては

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

五十音図第6行第1段の仮名で、平仮名の「は」は「波」の草体から、片仮名の「ハ」は「八」からできたものである。万葉仮名では「波、破、婆、簸、八、半、伴、絆、方、芳、巴、播(以上音仮名)、早、羽、葉、速、齒(以上訓仮名)」などが清音に使われ、「伐、婆、麼、縻、磨、魔(以上音仮名のみ)」などが濁音に使われた。ほかに草仮名としては「(波)」「(者)」「(盤)」「(半)」「(八)」「(葉)」「(羽)」「(破)」などがある。

 音韻的には/ha/(濁音/ba/、半濁音/pa/)で、喉頭(こうとう)無声摩擦音[h](両唇有声破裂音[b]、両唇無声破裂音[p])を子音にもつ。古く中央語のハの子音は、両唇無声破裂音[p]から両唇無声摩擦音[Φ]に変化し、さらに江戸時代になって[h]になったものと考えられる。

[上野和昭]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

〘感動〙
① 勢いよく笑う声。はあ。
※平家(13C前)三「こらへずして、一同にはとわらひあへり」
② 応答のことば。はい。かしこまっていうときに用いる。
※ロドリゲス日本大文典(1604‐08)「Ha() ソノ コトデ ゴザル〔教化物語〕」
③ 驚いたり、喜んだり、当惑したりする時に発する声。
※虎明本狂言・薬水(室町末‐近世初)「は、是はいかな事。児におなりやったは」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

[1] 〘係助〙 (現在では「わ」と発音する)
[一] 文中の連用語を受け、述語との結びつきを強める。→語誌(1)。
① 体言・体言に準ずる語句およびこれらに助詞の付いたもの、副詞などを受ける。→語誌(2)。
(イ) 叙述の題目を提示する。→語誌(3)。
※万葉(8C後)二〇・四四二五「防人に行く(ハ)誰が背と問ふ人を見るがともしさ物思(も)ひもせず」
(ロ) 連用語を対比的に提示する。
※古事記(712)上・歌謡「青山に 鵼(ぬえ)(ハ)鳴きぬ さ野つ鳥 雉(きぎし)(ハ)響む 庭つ鳥 鶏(かけ)(ハ)鳴く」
※古今(905‐914)春上・一「人いさ心も知らずふるさと花ぞむかしの香ににほひける〈紀貫之〉」
(ハ) 対比すべき事柄を言外におくことにより強める。
※万葉(8C後)五・八二一「青柳梅との花を折りかざし飲みての後(ハ)散りぬともよし」
(ニ) 「Aが…する(である)一方、BBで…する(である)」の形で、Aの行為・状態に対して、Bが独自に類似した行為を行なう(類似した状態である)ことを表わす。「この件は警察も捜査に着手したが、検察検察で独自に動きはじめていた」「ここは冬は冷え込むし、夏夏でとても暑い」
② 複合動詞の中間に入り、あるいは活用語の連用形・副詞などを受けて強調し、打消または逆接の表現に続く。→語誌(4)。
※万葉(8C後)九・一八〇七「髪だにも 掻き(は)(けづ)らず」
※史記抄(1477)一八「見つけすれども、捕えせぬそ」
③ 「ずは」の形で用いられた上代の特別用法。→ずは①。
④ 「…は(には・ことは)…が」の形で同じ形容詞・形容動詞・動詞をうけて、その観点・次元については…であるということが認められるが、その意義を減少させるような要素もある、ということを示す。「…は…が」の形では、形容動詞は初めのは語幹、後のは終止形を用いる。「このあたりは静か静かだが駅からは遠い」「この時計は動くに動くが正確でない」
⑤ 形容詞および打消の助動詞「ず」の連用形を受け、仮定条件を表わす。→語誌(5)。
※万葉(8C後)一八・四〇三九「音のみに聞きて目に見ぬ布勢の浦を見ず(ハ)(のぼ)らじ年は経ぬとも」
[二] 連体修飾の文節を受け、対比的に被修飾語との関係を強める。
※方丈記(1212)「一条より南、九条より北」
[2] 〘終助〙
① 文末にあって感動を表わす。上代には単独のものはほとんどなく、「はや」「はも」の形をとる。→語誌(6)。
※古事記(712)中・歌謡「さねさし 相摸の小野に 燃ゆる火の 火中に立ちて 問ひし君(ハ)も」
※源氏(1001‐14頃)紅梅「はかばかしき御後見なくては、いかがとて、北のかた、そひてさぶらひ給
② 中世以後、会話文に専用される傾向が生じ、話手自身に対して念を押すような気持での詠嘆を表わす。→語誌(6)。近世には「わ」と表記されることが多くなり、現代では主として女性が用いる。→わ〔終助詞〕
※史記抄(1477)四「すはよいとて追たそ」
[語誌](1)(一)で連用語と述語の結びつきが非常に強められると、排他的な気持の含まれる場合も生じ、またその排すべき事柄を明示すれば(一)①(ロ) のような対比的用法ともなる。
(2)格助詞「を」を受けると、(一)(一)①の「は」は濁音化して「をば」となる。→ば〔係助詞〕
(3)(一)(一)①には地名に関して、それを含むさらに広い地域を先に提示する特殊な用法もある。「肥前の国唐津の住人多々良三平君が」〔吾輩は猫である〈夏目漱石〉五〕など。
(4)形容詞の連用形あるいは副詞を受けながら打消や逆接の表現とならず、(一)(一)②の「は」がきわめて軽く、間投助詞的になる場合もある。「天離(ざか)る鄙にも月は照れれども妹そ遠く(ハ)別れ来にける」〔万葉‐三六九八〕など。
(5)(一)(一)⑤の「は」の受けている形容詞語尾「…く」、および打消「ず」を未然形とする説もある。いずれにせよ、この場合の「は」は清音に発音されたものであるが、近世には「ずば」「くば」の例が現われる。これらは、活用語の未然形に接続詞「ば」が付いた形からの類推であらわれたものと考えられる。「それ程名残り惜しく、誓詞書かぬがよいわいの」〔浄瑠璃・心中天の網島‐中〕、「人足をたのまずなるめへ」〔滑稽本・八笑人‐三下〕など。
(6)(二)の①と②の用法に根本的な違いはないが、もっぱら会話文に用いられる②に対して、古い用法の①は、和歌にも散文にも用いられ、係助詞の文末用法とみることができる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

はの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation