@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ぱくぱく【パクパク】

デジタル大辞泉

ぱく‐ぱく
[副](スル)
口を大きく何度も開け閉めするさま。「魚が口をぱくぱく(と)させる」
物の合わせ目などがこわれて開閉するさま。「靴の底がぱくぱくする」
盛んに物を食べるさま。ばくばく。「御飯をぱくぱく(と)食べる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぱく‐ぱく
[1] 〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 魚などが、しきりに口をあけしめするさまを表わす語。
※水籠(1907)〈伊藤左千夫〉「鰻がね、〈略〉パクパク水を飲んでゐるのさ」
② タバコをしきりにすうさまを表わす語。
※滑稽本・古朽木(1780)四「煙草ぱくぱく」
③ 物をさかんに食べるさまを表わす語。
※銀の匙(1913‐15)〈中勘助〉後「蕎麦饅頭をぱくぱくくってゐた」
④ 物の合わせ目やつぎ目が離れかかっているさまを表わす語。
※学生時代(1918)〈久米正雄〉鉄拳制裁「蓋がぱくぱく開くのを知った」
[2] 〘形動〙 老人の歯が抜けて、あけしめする口にしまりのないさま。
※落語・地獄旅行(1892)〈三代目三遊亭円遊〉「アー歯を抜かれて仕舞った、宜い気味だ。アレ見よパクパクになった」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぱくぱく」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ぱくぱくの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation