@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ぱくり

デジタル大辞泉

ぱくり
[副]
口を大きくあけるさま。大きな口をあけて物を食べるさま。「鯉がえさをぱくりと飲み込む」
割れ目や傷口などが大きくあくさま。ぱっくり。「傷口がぱくりとあく」
[名]かすめとること。アイデアなどを盗用すること。「アメリカのテレビ番組のぱくり

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぱくり
[1] 〘副〙 (多く「と」を伴って用いる)
① 口を大きくあけるさま、また、大きく口を開いて一度にたべたりのみこんだり、タバコをふかしたりするさまを表わす語。
※俳諧・文政句帖うつし‐九年(1826)「棚へ来てぱくり口明木通哉」
② 転じて、割れめや傷口などが大きく開くさまを表わす語。
※金(1926)〈宮嶋資夫〉一「底知れぬ深淵が、大きな口をぱくりと明けた」
[2] 〘名〙
① 盗むこと、かっぱらいをいう俗語。〔現代用語辞典(1925)〕
② 俗に、そっくりそのまま真似すること。先人の剽窃をすること。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぱくり」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ぱくりの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation