@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ぱくる

デジタル大辞泉

ぱく・る
[動ラ五(四)]
大きく口をあけて食べる。ぱくつく。「おむすびを―・る」
人のものをかすめ取る。かっぱらう。「手形を―・る」
他人の作品・アイデアを、自分のものとして発表する。盗用する。剽窃する。
犯人などをつかまえる。検挙する。逮捕する。「現行犯で―・られる」
[可能]ぱくれる

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぱく・る
〘他ラ五(四)〙
① 大きく口をあけて食べる。ぱくぱく食べる。ぱくつく。
② 店先の商品などをかすめとる。金品をだまし取る。かっぱらう。また、俗に、他人の作品を剽窃する。
※社会観察万年筆(1914)〈松崎天民〉現代の女学生「吝嗇な事を『源四郎』、盗むことを『パクル』〈略〉など云ふは通り言葉にて」
③ 犯人などを逮捕する。検挙する。おもに逮捕される者の立場からいう。
※私の太陽(1956)〈井上友一郎〉悪の反射「下手すりゃ、一しょに丹下の奥さんもパクられたろうと思うんだがね」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぱくる」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ぱくるの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation