@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ぱたぱた【パタパタ】

デジタル大辞泉

ぱた‐ぱた
[副](スル)物を続けざまに軽くたたいたり、物と物とを軽く打ち合わせたりする音や、そのさまを表す語。「ぱたぱた(と)ほこりを払う」「スリッパをぱたぱたさせて歩く」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ぱたぱた
スル
軽くて薄いものが風にあおられたり、続けて当たったりして立てる音を表す語。 -(と)はたきをかける うちわで-(と)あおぐ
軽く音を立てて歩くさまを表す語。 スリッパを-(と)いわせて歩く
物事を急速に処理するさま。 仕事を-(と)かたづける

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぱた‐ぱた
〘副〙 (「ばたばた」よりも軽い感じを表わす)
① 続けざまに打ち合わせる音、またそのさまを表わす語。
(イ) 物と物とがあたるさま。風などに吹かれて布をたたくような軽い規則的な音をたてるさま。また、そのように風が吹くさま。
※龍潭譚(1896)〈泉鏡花〉ふるさと「襖いくつかぱたぱたと音して」
(ロ) 音をたてて勢いよく歩くさま。
※平凡(1907)〈二葉亭四迷〉二八「軽い足音がパタパタと椽側を行く」
(ハ) 羽音や団扇(うちわ)などの音のするさま。
※和英語林集成(初版)(1867)「ニワトリガ patapatato(パタパタト) ハバタキヲ スル」
② =ばたばた(一)②
※洒落本・廓中美人集(1779)異見の段「芥子人形をぱたぱたと箱に入」
※大道無門(1926)〈里見弴〉微症「存外ぱたぱたと気持よく片づき」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぱたぱた」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ぱたぱたの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation