@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ぱちぱち【パチパチ】

デジタル大辞泉

ぱち‐ぱち
[副](スル)
物を続けざまに打ち合わせる音を表す語。「ぱちぱち(と)拍手する」
物が続けざまにはねたりはじけたりする音を表す語。「たき火がぱちぱち(と)燃える」
続けざまにカメラのシャッターを切るさま。「会見の模様をぱちぱち(と)カメラに収める」
しきりにまばたきするさま。「目をぱちぱちさせる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ぱちぱち
スル
小さくて硬いものが繰り返し当たって発する軽快な音を表す語。 -(と)手をたたく 算盤そろばんを-と入れる
熱せられたものがはじけたり、火花が散る音を表す語。 ゴマが-はぜる
しきりにまばたきをするさま。 驚いて目を-させる

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぱち‐ぱち
〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① 続けざまに響く鋭く小さい音を表わす語。
(イ) 火の強くはぜて燃える音。また、放電などの音。
※咄本・聞上手(1773)戸棚「ぐゎらぐゎら、ぴかりぴかり。〈略〉『アレまたパチパチぱちと鳴ってくる』」
(ロ) 扇を打つ音、碁石を打つ音、そろばんを使う音、また、かたくて軽いものが当たる音など。
※洒落本・百安楚飛(1779)「扇子の音のぱちぱちすると」
※俳諧・八番日記‐文政四年(1821)九月「ぱちぱちは栗としらるる雨夜哉」
(ハ) 拍手の音。
※雪中梅(1886)〈末広鉄腸〉上二「坐上拍手の声、パチパチパチ」
(ニ) カメラのシャッターを切る音。
※解体の日暮れ(1966)〈杉浦明平〉一二「写真をパチパチとる」
② しきりにまばたきをするさまを表わす語。
※西洋道中膝栗毛(1870‐76)〈仮名垣魯文〉二「藻をかつぎたるかいるのごとく目をぱちぱちしてうめく処ろへ」
③ 細かい模様のさまなどを表わす語。
※滑稽本・戯場粋言幕の外(1806)上「着付はぱちぱちとした小紋太織の綿あつなる布子」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぱちぱち」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ぱちぱちの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation