@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ぱちんこ【パチンコ】

デジタル大辞泉

ぱちんこ
子供のおもちゃの一。Y字形の木の枝や金具にゴムひもを張り、小石などを挟んで飛ばすもの。
《多く「パチンコ」と書く》遊技の一。鋼鉄の小玉を下方からはじき上げ、障害の釘を抜けて所定の穴に落ちると多くの玉が出るもの。獲得した玉の数に応じ景品と交換できる。第二次大戦後流行。
ピストルの俗称。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ぱちんこ
二またになった木や針金にゴムひもを張り、小石などを挟んで遠方へ飛ばすおもちゃ。
(パチンコと書く)垂直の盤面に釘などの障害物を植え、鋼製の玉をはじいて盤上にある数個の穴に入れる射倖遊技。穴に玉が入ると一〇個前後の玉が出、得た玉を賞品と交換する。第二次大戦後から流行し出した。
ピストル。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぱちんこ
〘名〙 (「パチンコ」とカタカナで表記されることが多い)
① 子どものおもちゃの一つ。木の枝・針金などのふたまたに分かれた支軸にゴムを張り、小石などをはさんで飛ばすもの。
※珍太郎日記(1921)〈佐々木邦〉一「此間パチンコで破(わ)った客間の障子の硝子板の代金と」
② 鋼の玉をハンドルではじいて、盤に配置された所定の当たり穴に入ると賞品玉が出、獲得した賞品玉の数に応じて、菓子、タバコ、雑貨などの景品と交換することができる射倖遊技。
※野火(1951)〈大岡昇平〉六「映画を見たり…パチンコやったりしてね」
③ ピストルをいう、不良・犯罪者仲間の隠語。
※浅草(1931)〈サトウハチロー〉ボクの街・D「手には名々(めいめい)パチンコを持ってゐる」
[語誌](②について) アメリカから伝来したコリントゲームを改良したものといわれる。大正一四年(一九二五)、大阪に初めてパチンコ店が開業した。一般に普及するのは第二次大戦後で、昭和二一年(一九四六)末ごろから、焦土のバラックに生まれ始め、二三年ごろには名古屋から大阪・東京と次々にパチンコ店が開店して、またたく間に全国に広がった。その後現在に至るまで、連発式・自動式・フィーバー式など、さまざまな新式台が開発された。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぱちんこ」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ぱちんこの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation