@niftyトップ

辞書、事典、用語解説などを検索できる無料サービスです。

ぱっちり【パッチリ】

デジタル大辞泉

ぱっちり
[副](スル)
物を閉じたり割ったりする音や、そのさまを表す語。
「扇子(おうぎ)―」〈紅葉・二人女房〉
目を大きく見開くさま。また、目もとのはっきりしているさま。「目のぱっちり(と)した女の子

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ぱっちり
[1] 〘副〙 (「と」を伴って用いることもある)
① (古くは「はっちり」) 物が裂けたり、割れたり、閉じたり、軽く当たったりする音、また、そのさまを表わす語。
※玉塵抄(1563)二七「竹のはっちりとなった声をきいて心に色々のことを案じ思う念を忘て無心になったぞ」
② 特に、処女を自分のものにするさまを表わす語。
※浄瑠璃・桂川連理柵(おはん長右衛門)(1776)上「此春石部のぱっちりは、ほんの其場の出来心」
③ 動きや形の輪郭がはっきりしているさまを表わす語。
(イ) 物事があいまいでないさま。
※歌舞伎・台頭霞彩幕(三勝半七)(1812)二幕「うぬ、ぱっちり云はしゃせぬか」
(ロ) 目もとなどのはっきりしているさま。
※浄瑠璃・昔米万石通(1725)上「こいねむりするかぶろの、まがしらに付ると、はっちりとめがさめる」
[2] 〘名〙 えりなどに塗る固形の白粉。湯で溶いて用いる。〔俚言集覧(1797頃)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぱっちり」の用語解説はコトバンクが提供しています。

ぱっちりの関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.

アット・ニフティトップページへ アット・ニフティ会員に登録

ウェブサイトの利用について | 個人情報保護ポリシー
©NIFTY Corporation